【ヴィッセル神戸の予想布陣】指揮官も高評価の“即戦力”槙野&汰木が競争を激化! 難題は扇原の起用法

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2022年02月09日

「神戸にいなかったタイプ」と指揮官が絶賛したのは?

神戸在籍5年目となるイニエスタ。今シーズンも世界的スターの妙技に注目だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 中盤の3枚、アンカーのセルジ・サンペール、右の山口蛍、トップ下のアンドレス・イニエスタは動かせない。残りの左の予想が難しい。昨季は郷家友太や中坂勇哉、佐々木大樹、井上潮音が左右でプレーしていたが、今季は浦和で左サイドハーフの主軸だった汰木康也が新加入。三浦監督も「神戸にいなかったタイプ。テクニックは素晴らしいものがある」と期待を寄せるドリブラーが、ポジション争いを激化させそうだ。

 そして、難題は扇原貴宏の起用法だ。おそらく適正はアンカーだが、同じポジションにはサンペールがいる。とはいえ、扇原がベンチでは宝の持ち腐れだ。三浦監督も「タカ(扇原)はとにかくサッカーIQが高い。キックは芸術的」と高評価。扇原の左サイドハーフ起用も充分に考えられそうだ。
 
 FWは昨季の実績から考えて、大迫勇也と武藤嘉紀の2トップがファーストチョイスだろう。そのうえで、ボージャン・クルキッチ、リンコン、藤本憲明、小田裕太郎といった個性的なカードを相手や試合状況に合わせて切っていくと思われる。噛み合えば、かなり多彩な攻撃陣になりそうだ。

 総合的に見て、今季の神戸は選手層が厚い。メンバーの出し入れも少なく、戦術浸透度も高く、トラブルが多発しなければ、アジアNo1、そして昨季の3位よりも好成績を残せる可能性は充分にありそうだ。

取材・文●白井邦彦(フリーライター)

【画像】神戸の2022シーズン予想フォーメーション!
 
【関連記事】
【J1個人昇格注目プレーヤー】C大阪新加入MFはブレイクの期待大! 横浜復帰のフリーキッカーや鹿島の頭脳派ボランチも
【川崎フロンターレの予想布陣】補強の目玉チャナティップの起用法は? “決め打ち”しない鬼木監督の采配に注目
【ガンバ大阪の予想布陣】注目はエース宇佐美貴史の起用法と井手口陽介の“後釜”。基本システムは3バックになるか
【柏レイソルの予想布陣】切り札ドウグラスに“三拍子揃った”アタッカー2名を補強! 前線の核を入れ替えチーム再編へ
【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ