【ヴィッセル神戸の予想布陣】指揮官も高評価の“即戦力”槙野&汰木が競争を激化! 難題は扇原の起用法

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2022年02月09日

システムは中盤ダイヤモンド型の4-4-2が有力

元日本代表の経験豊富な槙野が新加入。守備の安定へ、菊池とのCBコンビに期待がかかる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは2月18日に川崎フロンターレ対FC東京のカードでJ1が開幕。30年目のシーズンがまもなくスタートする。今企画では、J1全18チームの最新予想布陣を公開。プレシーズンの動きから各チームのスタメンとポジション別の序列を予測する。今回は昨季3位のヴィッセル神戸をピックアップする。

――◆――◆――
 
 2年ぶりにACLを戦う神戸。今季は、開幕8連戦(ACL含む)のハードスケジュールで始まる。就任3季目の三浦淳寛監督が、選手たちに複数ポジションでのプレーを求めるのも、1年続く過酷な戦いを見据えてのことだ。選手の組み合わせを試行錯誤し、徐々にバリエーションを増やしながら戦い抜く構えだろう。

 とはいえ今季の序盤は、昨季終盤に形が見えていた4-4-2の中盤ダイヤモンド型(あるいは4-1-3-2)の布陣が有力だと思われる。それをベースに、新加入の6選手が各セクションを活性化させそうな気配だ。

 GKは昨季と変わらず飯倉大樹と前川黛也が守護神の座を争うだろう。この牙城を廣永遼太郎と、中央大から新加入の坪井湧也がどこまで崩せるかがひとつのポイントに。とくに廣永は、昨季出場したリーグ戦2試合でポテンシャルを証明済み。今季はコンスタントに試合に絡みたい。

 DF陣の最大の焦点は元ベルギー代表のトーマス・フェルマーレンが抜けた(引退した)穴をどう埋めるかだろう。昨季レギュラーに定着した菊池流帆の新たなパートナーとしては、ワールドカップ・ロシア大会出場やACL優勝などを経験する新加入の槙野智章が第一候補になるだろう。

 対人守備の強さやリーダーシップに加えて、三浦監督は「選手たちの立ち位置を細かく修正するなどコーチング能力も優れている」と高く評価している。だが、成長株の小林友希も充分にスタメンを張れる存在。大﨑玲央、山川哲史、神戸U-18から昇格した尾崎優成も含め、最後まで人選は悩みそうだ。

 SBは昨季と同じく右が酒井高徳、左は初瀬亮がスタメン候補。ここに神戸2年目の櫻内渚、CBと兼任できる山川、小林、槙野がどこまで絡むかに注目したい。

【画像】2022 J1リーグ各チームの開幕予想布陣!
 
【関連記事】
【J1個人昇格注目プレーヤー】C大阪新加入MFはブレイクの期待大! 横浜復帰のフリーキッカーや鹿島の頭脳派ボランチも
【川崎フロンターレの予想布陣】補強の目玉チャナティップの起用法は? “決め打ち”しない鬼木監督の采配に注目
【ガンバ大阪の予想布陣】注目はエース宇佐美貴史の起用法と井手口陽介の“後釜”。基本システムは3バックになるか
【柏レイソルの予想布陣】切り札ドウグラスに“三拍子揃った”アタッカー2名を補強! 前線の核を入れ替えチーム再編へ
【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ