1位は上門知樹の「キャプテン翼ばりのドライブシュート」をしのぐキャノン砲!J公式が「週間ベストゴールTop10」を発表

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月19日

横浜FC対徳島の一戦からは4ゴールがランクイン

週刊ベストゴールのトップに輝いた札幌の菅(右)と2位に入った岡山の上門(左)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは10月18日、同16日から17日までに開催された試合の中から、週間ベストゴールを選出。公式YouTubeチャンネルでトップ10の動画を公開している。

 週末の試合で1位に輝いたゴールは、札幌の菅大輝が横浜戦で放った強烈な左足の一撃だ。

 24分に左CKからのショートパスを受けると、そこから打つ!?というような、ペナルティエリア左角のから迷わず得意の左足を一閃。無回転で弾道が横ズレしたシュートはニアサイドを破りネットに突き刺さった。

 コメント欄には「菅ちゃん、ホントそのコース得意よね」「あの位置から左足のアウトサイドで蹴ってニアだもんね。予測しがたい」「菅のシュートメッシみたいやな」「菅大輝の菅キャノン!強い相手ほどよく決まる!!祝1位!!」などのコメントが寄せられた。

【動画】強烈シュートが目白押し!Jリーグ週間ベストゴールTOP10
 
 2位には岡山の上門知樹のミドルシュートが選出。松本戦で2点リードで迎えた86分に生まれたシュートには、「上門エグすぎ笑」「上門選手のシュート、本当に凄かった」「二位のシュートの軌道エグすぎる」「キャプテン翼ばりのドライブシュート」など歓喜の声が集まった。
 
 3位に入ったのは、横浜FCの松尾佑介が決めた先制弾。味方からの横パスにペナルティエリア手前で反応するとGKの位置を見てダイレクトで打ち込む。クロスバーに当たったボールはワンバウンドしてゴール上のネットに突き刺さった。

 また、両チーム合わせて8ゴールが生まれた横浜FC対徳島の一戦ではほかにも3ゴールがトップ10入り。横浜FCからは7位に68分の高木友也の得点、9位に20分のサウロ・ミネイロのゴールが、また10位には徳島の垣田裕暉が決めた56分のシュートが選ばれている。

 そのほかにも終盤戦に差し掛かったJリーグで生まれた必見のゴールシーンが目白押しだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J1ベストイレブン】MVPは劇的決勝弾の前田大然!残留争いの直接対決を制した大分から最多3選手を選出|32節
驚愕ハットの三笘薫に衝撃の「9.72点」評価! 成功率が“100%”だったスタッツは?
「すごく色っぽい」大宮V・仲田歩夢の“バスローブ姿ショット”に反響続々!「まさかすっぴん?」
J3からの叩き上げ、大卒の左SB、小柄ながらモダンな左利きCB…来季の“個人昇格”も期待される注目のJ2戦士5選
「僕の言葉が足らず…」槙野智章がホームタウン制についての自身の投稿を釈明。「不快な思いをさせて本当に申し訳なく思っています」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ