【J2】首位磐田と2位京都はともにドローで順位変動なし! 千葉は5戦負けなし、松本は岡山に完敗で21位に後退

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月17日

甲府が3位に浮上!

残留を目指す松本は岡山との一戦で0-3の完敗。21位に後退した。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは10月17日に、J2第34節の6試合を各地で開催。首位のジュビロ磐田、2位の京都サンガF.C.はともにドロー決着で順位に変動はなかった。

 磐田は、アウェーで栃木SCと対戦した。相手に先制される展開も、前半終了間際の44分に大井健太郎が同点ゴールを挙げ、1-1のドロー決着。連勝は3でストップした。

 勝点2差で磐田を追う2位の京都は、16位のザスパクサツ群馬と相まみえ、立ち上がりから攻勢を仕掛けるも、44分に失点。後半開始直後の50分にピーター・ウタカの2試合連続ゴールで同点としたが、勝ち越し弾は奪えず1-1の痛み分け。首位浮上とはならなかった。

 降格圏脱出を目指す19位の松本山雅FCは、ホームでファジアーノ岡山に0-3の完敗。攻守両面で思うような戦いを見せられず、21位に後退した。

 4試合負けなしと好調を維持する10位のジェフユナイテッド千葉は、ホームに大宮アルディージャを迎えた。開始4分に鈴木大輔の得点で幸先よく先制し、一度は同点に追いつかれたものの、終了間際の90+3分に見木友哉が劇的な決勝点。劣勢の展開のなかで、2-1と勝利をものにした。

 そのほか5位のヴァンフォーレ甲府は、ツエーゲン金沢に2-1で勝利し3位に浮上。レノファ山口FC対水戸ホーリーホックは、お互いに最後まで譲らず2-2の痛み分けで決着している。
 
 J2第34節(2日目)の結果は以下の通り。

岡山 3-0 松本
栃木 1-1 磐田
千葉 2-1 大宮
金沢 1-2 甲府
山口 2-2 水戸
群馬 1-1 京都

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

J2リーグ 順位表
 
【関連記事】
「ミトマが悲劇をお祭りにした」三笘薫の”後半出場&ハット達成”に現地メディアも絶賛の嵐!「試合の支配者だ」
本田圭佑が“一番上手い”と感じた日本人選手は?「パッと出てくるのは…」
ブンデスで初のフル出場を果たしたシュツットガルト伊藤洋輝を、現地メディアが高評価!「周囲を納得させた」
【セルジオ越後】森保監督のクビは繋がったかもしれないが…点が取れないFWはまだ使われることになるの?
「育ち悪すぎだろ」内田篤人も驚いた鎌田大地の“素顔”「もっと真面目なのかと思った」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ