柏が三丸拡のゴールで残留争いから遠ざかる貴重な勝点3!清水の猛攻を凌ぎ1-0勝利

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月16日

清水は79分にネットを揺らすがオフサイド判定に

強烈なミドルシュートで貴重な先制点を奪った三丸。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは10月16日、第32節の6試合を各地で開催。IAIスタジアム日本平で行われた清水対柏の一戦は、1-0で後者が勝利を収めた。

 ともに残留争いから脱出したい両チームの対戦。清水は勝点32で15位、柏は同34で13位と2ポイント差での対戦となった。

 ホームの清水は前節から1人を変更。累積警告で出場停止の松岡大起のところに竹内涼が入った。

 対する柏も変更は1人。戸嶋祥郎に代えてヒシャルジソンを起用した。

 試合は日韓両国の代表GKが奮闘する。

 清水は16分、クリスティアーノのヒールパスからマテウス・サヴィオにペナルティエリア内でシュートを放たれるが、権田修一がファインセーブでこれを凌ぐ。

 一方の柏も、20分、21分、24分と続けて際どいパスを入れられるものの、GKキム・スンギュがしっかりとキャッチ。前半終了間際のカルリーニョス・ジュニオのシュートも正面でセーブした。
 
 均衡を破ったのはアウェーの柏だった。右サイドを持ち上がった大南拓磨から神谷優太、中央の武藤雄樹を経由して左サイドをフリーで駆け上がってきた三丸拡へボールが渡ると、ダイレクトで右足を振り抜く。グラウンダーの強烈なシュートが逆サイドのネットに突き刺さり、柏が53分に先制に成功する。

 両チーム交代カードを切りながら次の1点を目指す。柏は3か月ぶりにピッチに戻ってきた仲間隼斗らを送り出し、清水は中山克広、河井陽介、ベンジャミン・コロリらを投入。

 終盤に猛攻を仕掛けたのはホームチームだった。79分にCKからコロリがネットを揺らすものの、これはオフサイドの判定に。その後も追加点を奪えないままタイムアップを迎えた。

 この結果、清水は勝点32は変わらず、4試合ぶりの白星となった柏は同37に伸ばし残留争いから一歩遠ざかった。

 次節は両チームアウェー戦。清水は10月24日に川崎と、柏は同22日に浦和と激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「オーラが違った」日向坂46影山優佳さんの“最も凄いと思った選手”に内田篤人も驚き!「え、マジで? いいチョイス、100点です」
「007が愛する超高額の限定モノも…」名手アザールが誇る豪華カーコレクションを英紙が特集!
「衝撃だった」神戸FWボージャンは日本に来て何に驚いたのか?「海外の選手も…」
J3からの叩き上げ、大卒の左SB、小柄ながらモダンな左利きCB…来季の“個人昇格”も期待される注目のJ2戦士5選
「軽視されている」本田圭佑がサッカー界の“悪しき慣習”に苦言!「野球やアメフトに比べてレベルが低い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ