神戸の豪華攻撃陣が大爆発!イニエスタ2発、大迫、武藤、ボージャンのゴールで5-1と浦和を粉砕!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月02日

大迫とボージャンは移籍後初ゴール

上位対決で本領発揮のイニエスタ。2得点でチームに勢いをもたらした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは10月2日、第31節の6試合を各地で開催。ノエビアスタジアム神戸で行われた神戸対浦和の一戦は5-1で前者が勝利を収めた。

 ともに勝点54で4位の神戸と5位の浦和が対峙するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に向けた直接対決となった。

 ホームの神戸は、平日開催の28節川崎戦では敗れたものの、今季ここまで一度も連敗を喫しておらず、アンドレス・イニエスタ、大迫勇也、武藤嘉紀ら豪華攻撃陣がそろって先発。川崎戦ではベンチ外となっていたセルジ・サンペールも名を連ねている。

 一方、ここ7戦負けなしで3連勝中の浦和は、前節FC東京戦からメンバー変更なし。

 試合は予想外の一方的な展開となった。

 口火を切ったのは神戸の大迫。酒井高徳のスルーパスに反応し、6分に先制弾を決める。大迫の2013年以来となる約7年10か月ぶりのJ復帰弾を祝うように、神戸が追加点を挙げる。

 イニエスタが21分には直接FKで追加点を記録。直後のFKからトーマス・フェルマーレンがネットを揺らすものの、これはVARの末オフサイド判定に。しかし34分にはミドルシュートを流し込み、大迫のゴールとイニエスタの2得点で神戸が前半のうちに3点をリードした。
 
 3連勝中の浦和だったが、なかなかボールを繋げず、前半終了間際に酒井宏樹がヘディングでネットを揺らすものの、こちらもVARの末直前に味方のGKへのファウルがあったとして取り消しに。後半頭からキャスパー・ユンカーを投入した浦和は、49分に待望のゴールを奪い反撃ののろしを上げる。ユンカー、関根貴大と繋ぎ最後は小泉佳穂がシュートを決め1-3とする。

 しかし直後に再びゴールを許してしまう。サンペール、イニエスタとつながれ武藤にヘディングシュートを決められる。武藤の3試合連続ゴールで再び3点リードに広げられる。

 浦和はその後も攻勢を強めるが、追加点を奪うことはできず。終盤にはボージャン・クルキッチにJ初ゴールを決められ1-5でタイムアップを迎えた。

 この結果、神戸は勝点57に伸ばし、得失点差で暫定3位に浮上。8試合ぶりの黒星を喫した浦和は同54と変わらず。

 次戦、神戸は10月16日にホームで福岡と対戦。浦和は10月6日、10日にルヴァンカップ準決勝のC大阪戦を行い、16日にG大阪と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「ついにキターー!」大迫勇也が浦和戦で約7年10か月ぶりのJ復帰弾!「酒井高徳のパスがまた素晴らしい」
「神戸で歴史を作りたい」イニエスタが海外メディアの取材で熱い想いを明かす!「いつかはバルサに復帰したい」とも
「期待感がある!」浦和レジェンドOB4人がリカルド体制に言及!タイトル獲得に向けて必要なことは…
冨安健洋を“拾った”アーセナル、ブラジル代表DFを選んだトッテナムの明暗に現地注目! 「スパーズが勝ったと思われたが…」
【セルジオ越後】スタメンや戦術は敵も分かり切っているが…とにかく最低勝点4! 南野には自分の価値を示してほしい

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ