FC東京が大学生MF2選手の2023シーズン加入内定を発表!特別指定の承認も受け今季から出場可能

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月01日

それぞれの強みは「攻守ともにアグレッシブ」「得点を奪えるMF」

FC東京は2選手の加入内定を発表した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 FC東京は10月1日、大学生MF2選手の2023シーズン加入内定と2021年の特別指定承認を発表した。

 順天堂大の寺山翼は、FC東京U-15むさし、FC東京U-18出身の21歳。アピールポイントは、クラブによると「ボール奪取に優れ、攻守ともにアグレッシブに戦うMF。強いメンタリティを持ってチームの中心としてプレーする」部分だという。

 寺山はクラブの公式ホームページ上で以下のようにコメントしている。

「この度2023シーズンから加入することになりました、順天堂大学の寺山翼です。小さい頃からの夢であった『プロサッカー選手になる』ことを、お世話になった東京という素晴らしいクラブでスタートできることを非常に嬉しく思います。ここまで支えてくれた両親、指導者、いつも応援してくださる皆さまに感謝し、試合のプレーや結果で恩返しできるよう全力を尽くします。特徴であるボール奪取と走力でチームの勝利、タイトル獲得に必ず貢献します。1日でも早く試合に出場できるよう頑張りますので応援の程よろしくお願いいたします」
 
 早稲田大ア式蹴球部の西堂久俊は、「スピード、テクニックを武器に得点を奪えるMF。チームを勝利に導くプレーが特徴的な選手である」と紹介されている。

 西堂は加入内定の喜びを以下のようにコメントしている。

「2023シーズンから東京に加入することになりました、早稲田大学の西堂久俊です。強く、愛されるチームをめざす東京の一員としてプレー出来ること、またプロサッカー選手としてのキャリアをスタート出来ることを非常に嬉しく思います。東京というクラブは『とてつもなく熱い』ファン・サポーターの皆さんとともにあります。そんな皆さんと更なる熱量を一緒に作り上げ、共有できると思うと胸が高鳴ります。自分の武器は『推進力』なので、強みを活かしてチームに勢いをもたらし、ゴールに向かって“DRIVE”して、観ている人を熱くさせるようなプレーを見せます。

 また早稲田大学は東京と練習場が非常に近く、大学生活で一番身近にあったクラブであり、首都東京を象徴するクラブなので、日本サッカーを牽引し続ける存在になる為に、青赤の一員として全身全霊をかけて戦います。東京に関わる全ての皆様、よろしくお願いします。 これまで支えてくださった指導者の方々、応援してくれた友人、仲間たち、そして家族への感謝の気持ちを、プレーで少しでも体現していきます」

 両選手は「2021 JFA・Jリーグ特別指定選手」として承認されており、今シーズンからFC東京の公式戦に出場することが可能となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「激アツやん」「見たいのはこういうやつ」FC東京が名古屋戦での長友佑都と恩師の再会を報告!
レアンドロの名古屋戦“肘打ち”処分が決定。FC東京の独自制裁も含め、計5試合の出場停止に
「ゴミのようなチームに勝って優勝気取りか」冨安健洋らを“Bチーム”と酷評したトッテナムOBが辛辣コメント「バカげている」
「昨夏の仕打ちは忘れない」スアレスが対戦を前に古巣バルサと敵将クーマンに苦言!「いまのチームを見ていると胸が痛い」
U-22代表候補メンバーが発表! 鹿島の松村、清水の松岡、尚志高のチェイス・アンリらが選出

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ