長崎19歳FWがJ初得点&ハットの離れ業! パリ世代・植中朝日の爆発で山形に5-1快勝

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月14日

エジガル・ジュニオの先制点も演出

植中は35分にJ初得点となる追加点を挙げると、一気にハットトリックを達成した。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J2リーグは9月14日、25節の2試合を開催した。

 V・ファーレン長崎はホームでモンテディオ山形と対戦し、5-1で勝利を収めた。この試合の主役となったのは19歳の植中朝日。18分にカウンターからエジガル・ジュニオにラストパスを通し、先制点を演出すると、35分には毎熊晟矢からのラストパスを受け、右足を振り抜くと、GKのサイドを破りネットを揺らす。これが植中のJリーグ初得点となった。

 
 これで勢いに乗った植中は前半終了間際の45分にもカウンターから2点目をゲット。さらに後半立ち上がりの51分にはカイオ・セザールからの折り返しをワンタッチで合わせ、ネットを揺らしハットトリックを達成した。パリ五輪世代ストライカーの植中の覚醒によって長崎が4-0とリードする。

 その後、長崎は1点を返されるものの、植中に代わって投入された玉田圭司が5点目を奪い、ダメ押し。長崎が5-1で勝ち、勝点を51に伸ばした。長崎は3位のアルビレックス新潟と同勝点の7位に浮上した。一方の山形は同49で8位に後退している。

 また、もう1試合のレノファ山口FC対ツエーゲン金沢は、ホームの山口が4-1で快勝し、勝点を32とした。金沢は同27の19位で降格圏脱出とはならなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

J2リーグ順位表
【関連記事】
【J2】日程・結果
吉田麻也が「厳しい…」と呟いた名古屋vs徳島戦のPK&一発退場判定。原博実氏、元国際審判員の見解は?
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
神戸が異次元すぎるシュート練習を公開! イニエスタvsボージャンの対決にファンも興奮「ずっとみてられる」
Jリーグが8月度の月間ベストゴールを発表!J1は「まさにユーロレベル」な一撃、J2は「みんなのお手本」遠藤保仁弾!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ