吉田麻也が「厳しい…」と呟いた名古屋vs徳島戦のPK&一発退場判定。原博実氏、元国際審判員の見解は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月14日

「このPKは厳しい…退場も厳しい…。」と代表キャプテン

前田と岸本が競り合う。この直後に問題となるシーンが起きた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 DAZN(ダ・ゾーン)で配信中の『Jリーグ ジャッジリプレイ』が9月14日、新コンテンツを更新し、J1リーグ28節での3つの判定について取り上げている。

【J1第28節PHOTO】名古屋3-0徳島|クリーンシートが驚異の18試合目!攻撃陣も躍動し3発快勝!

 そのなかで、9月10日に行なわれた名古屋グランパス対徳島ヴォルティス戦の49分に起きたPK判定について熱い議論が交わされた。このシーンは、名古屋の前田直輝が森下龍矢のスルーパスに反応し、敵ディフェンスラインを抜け出すと、懸命に帰陣した徳島の岸本武流に倒され、西村雄一主審によってPKの判定が下されたというもの。岸本には、決定的な得点機会を阻止したとしてレッドカードが提示され、その後VARチェックも入るが判定は変わらずだった。
 
 スコアレスで迎えた場面、勝敗にも大きく影響する判定と言えたが、これには日本代表キャプテンの吉田麻也からもJリーグが公開した対象シーンの動画ツイートに対して反応があり、「このPKは厳しい…退場も厳しい…。」と返信が寄せられていたことが番組内で明かされた。他にも「GKの位置がかなり近くてシュートを打っても入らなそう」といったツイートで寄せられた意見も紹介された。

 この一連のシーンに関して、出演者の原博実Jリーグ副理事長は、「DFからすれば、あれは厳しいという意見は分かる」としたうえで「(攻撃側の)身体が入った時に、こう(手を肩に掛ける仕草)やっちゃうと、今のルールではホールディングと見られてしまって、こういうことが起きてしまう。今のルールではそう見られてしまうと、GKが近いとかいろんな理由があるにしても、一発退場に取られてしまう」と見解を語った。さらには守備対応として、「スライディングでダーッとボールに行くような対応ができたら良かったかな」と語り、ペナルティエリアの手前で身体を完全に入れられないような守備が必要だったとした。

 また、元国際審判員の奥谷彰男氏は、ファウルシーンに関して手が掛かったことでの影響はさほどなかったとしながらも「後ろから追いかけたことによって接触があって、その影響で前田選手が倒れているのは事実。だから、影響があって倒れたことでファウルを取った西村さんの判定も支持できる」という一方で、「あれくらいの接触はあって然るべきだろう、ノーマルコンタクトだ、という見方もあって然るべきだと思う。だから、吉田選手のツイートも頷けます」と自身の見解を述べた。

【関連動画】前田直輝PK獲得のシーン(1分3秒~)
【関連記事】
「僕の得点か? 100%、マヤのゴール」吉田麻也が“美しくない”今季初弾に言及! 現地メディアの評価は…
「負けるべくして負けた」。吉田麻也が内田篤人の質問に答え、厳しくコメント「全然良くなかった」
「殴ろうかと思ったと…」内田篤人の鋭すぎるインタビューに日本代表戦士がクレーム? 弁解した本人は“意図”を明かす
【J1採点&寸評】名古屋3-0徳島|MOMはキレと精度が戻ってきたマテウス!名古屋は出場全選手が及第点以上の安定した戦いに
【ACLラウンド16】攻撃陣に充実感が漂う名古屋。試合の機微を理解しながら戦える“マッシモ流”も強みに

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ