日本と同組のオーストラリアが2連勝でグループ暫定首位! グラントのヘッド弾でベトナムに1-0の勝利【W杯最終予選】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月07日

オーストラリアは27分にピンチを迎えるも…

オーストラリアがベトナムを下し、W杯最終予選2連勝を飾った。(C)Getty Images

画像を見る

 ワールドカップ・アジア最終予選が9月7日に行なわれ、日本と同組であるグループBの第2戦で、ベトナムとオーストラリアが対戦した。

 試合は立ち上がりからオーストラリアが、セカンドボールをことごとく拾い、主導権を握る。しかし、ベトナムの粘り強い守備に苦しめられ、なかなかシュートまで持ち込むことができない。

 27分には、相手のシュートをペナルティエリア内でリアン・グラントが手で防いでしまいVARチェックが行なわれたが、故意ではないとしてPKを免れた。

 ゲームが動いたのは前半終了間際の43分。アジディン・フルスティッチのアーリークロスに反応したグラントが、ペナルティエリア右から頭で押し込み、先制点を奪った。
 
 1点をリードしたオーストラリアは、66分に途中出場のアーロン・ムーイが積極的にシュートを放つなど、後半も攻撃の手を緩めず。決め手を欠いて最後まで追加点こそなかったものの、前半の1点を守り切り1-0の勝利を収めた。

 この結果、初戦で中国を3-0で下したオーストラリアが2連勝。一方でベトナムは2連敗を喫している。

 次節は10月7日、オーストラリアはオマーンと、ベトナムは中国と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
エースが負傷欠場の韓国、レバノンの堅守に苦しむも…途中出場のクォン・チャンフンが千金弾!【W杯最終予選】
【中国戦のスタメン予想】オマーン戦の黒星を払拭できるか。ボランチ、中盤2列目では入れ替えも?
「日本は帰化選手を怖がっている」決戦前に中国メディアが報じる。森保J撃破の鍵はズバリ「中盤の改良」
「決めるのはミケルだが…」アーセナルTDが冨安健洋の起用法に言及! 「すぐにプレーさせたい」
「スターは揃っているが…」“元銀河系軍団”のロナウド、パリSGに警鐘「究極の成功を約束するものではない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ