「言い出したらキリがありませんが…」ルヴァン杯ベスト8敗退の鹿島。相馬監督が一番伝えたいこと

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月05日

「選手たちが最後まであきらめず、ファイトしてくれた」

ルヴァン杯はベスト8で敗退した鹿島。この悔しさを次につなげられるか。写真:徳原隆元

画像を見る

 ルヴァンカップの準々決勝で、鹿島アントラーズは名古屋グランパスに2戦合計0-4で敗れた。敵地での第1戦は0-2、ホームで迎えた第2戦も0-2という内容だった。

 第2戦の試合後の会見で、相馬直樹監督は次のように試合を振り返った。

「0-2からのスタート、90分で、これをまず少なくとも追いつき、そしてひっくり返したいというなかでスタートしたゲームでした。“たられば”になってしまいますけど、こういう展開のなかでは、ファーストチャンスを決め切れなかったというところと、相手のファーストチャンスで取られてしまった。それも少し、選手が傷んだあと、少し中断があったあと、相手が10人の状況のなかで取られてしまった。非常にもったいない形になってしまったかなというふうに思います」

 名古屋の選手が痛めて、試合は一時中断。再開後すぐのプレーで先制点を奪われた。

「いろんなことを後悔しても戻ってはこない。次に向けて選手たちはとにかく、ひとつ取って。1点取られた段階で4つゴールが必要になりましたので、そこに向けて本当にトライしてくれたと思っています」
 
 だが、その奮闘も空しく、結局はゴールを奪えず。57分には2点目を献上し、試合は0-2でタイムアップを迎えた。

「言い出したらキリがありませんが、一番お伝えしたいのは、選手たちが最後まで本当にあきらめずに戦って、ファイトしてくれたこと、そこには本当に感謝していますし、それは彼らにも伝えました。このエネルギーを、リーグ戦、天皇杯に向けて使っていきたい」

 悔しい敗退となったこの経験を糧に、さらに力強く戦うことができるか。相馬アントラーズの奮起に期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【荒木遼太郎 PHOTO】常勝軍団を牽引する若きエース
 
【関連記事】
名古屋が“2連勝”で10年ぶりの4強進出!敵地での第2戦も2発完勝で鹿島を退ける【ルヴァン杯】
「自分の中で、もがいている」五輪落選の悔しさを糧に、地道な一歩を刻み続ける鹿島GK沖悠哉の気概
「バケモンや」パリ五輪世代の俊英・荒木遼太郎の「どれも海外を感じる」ゴール集に称賛の声!
「香川真司みたいなボールタッチ」鹿島の若きエース荒木遼太郎の超絶テクに喝采!「パリ五輪の星」
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】両SHに“鹿島コンビ”を選出! A代表の主軸となってほしい久保&中井は選外

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ