【浦和】江坂任が示した適応力…小泉佳穂とのコンビが新たなオプションに

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年09月02日

CFに江坂、トップ下に小泉を配置してスタートさせると…

公式戦では”初共演”となった江坂(右)と小泉(左)。息の合ったコンビネーションを見せた。写真:徳原隆元

画像を見る

 浦和レッズは9月1日、ルヴァンカップの準々決勝・第1戦で川崎フロンターレと対戦。1-1の引き分けで終え、第2戦に臨むこととなった。

 もっとも、勝ち切れなかったとはいえ、小さくない収穫を得た試合だった。

 そのひとつが江坂任と小泉佳穂の共存に計算が立ったことだ。

 リカルド・ロドリゲス監督はかねてから、このトップ下ふたりの同時起用を探っていた。

 江坂が加入したばかりの6月末には「彼らは一緒に組むこともできると思う」と話し、8月25日のサンフレッチェ広島戦では「江坂と小泉をふたり並べたかったのですが、今回は江坂が足を痛めたので交代という形になりました」と、その実現ができずに口惜しいコメントを残していた。

 その指揮官の狙いがついに実践されたのが、この川崎戦だったのだ。戦術家のスペイン人指揮官はCFに江坂、トップ下に小泉を配置してスタートさせる。
 
 とりわけ際立っていたのが、江坂の適応力だ。試合序盤こそパスミスが散見したものの、徐々に小泉との呼吸が合いだすと、絶妙な距離感で敵陣スペースに顔を出して攻撃を活性化。さらに守備となれば、連動したプレスで相手を押し込んでいった。

 ザスパクサツ群馬や大宮アルディージャでもFWを担うことは多かったが、改めてその非凡なサッカーセンスを感じさせた。

 江坂は試合後、小泉との関係性について以下のように話している。

「一番意識したのは距離感です。佳穂といい距離感で、離れ過ぎず、近づき過ぎず、お互いに見合って良い距離感でプレーできた。その距離感が良かった分、ボールがしっかりと保持できましたし、いい関係が築けたと思います」

 35分の先制点は、まさしくそのプレスが奏功したものだった。小泉と汰木康也と連動して敵陣でボールを奪った江坂は、GKを釣り出して関根貴大のゴールをアシストしたのだ。

 それ以外にも度々このふたりを起点として流動的な攻撃を展開。そこにスピードのある関根、汰木が絡むと、より迫力は増した。

「自分や佳穂が落ちた時には汰木、関根が相手の背後に抜けてくれる動きもあったので、そのバランスやポジショニングはやっていても楽しかったです」

 そう手応えを口にする江坂は、すでに浦和の攻撃において重要なピースとなっている。この日見せた小泉とのコンビも新たなオプションとして十分な可能性を示していた。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【セルジオ越後】最終予選へ絶対的に期待したいのは大迫でもなく、南野や堂安、鎌田でもなく…
「Jリーグで上位にいるチームから、あんまり選ばれてないのか…」槙野智章が代表選考の感想を吐露
交代時にスタンディングオベーションを受けた久保建英。3人からユニホームを要求され…
「マジでいいキャラ」群馬GK山田晃士の“魂の鼓舞”が話題騒然!浦和の槙野も「俺にも声をかけてくれ」と反応
「アジア最強だ」海外組18人の日本代表に、対戦する中国のメディアも衝撃!「両国選手の市場価値を比較すると…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ