「僕は35歳」無所属の本田圭佑、さらなる海外でのプレーに意欲!「目標は9か国目でプレーしてゴールを決める」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月31日

35歳の新天地はどこになるのか?

“就職活動中”の本田。(C)Getty Images

画像を見る

 8月31日、現在フリーである本田圭佑が自身のSNSを更新した。

 本田は英語で、「私の次の短期目標は、9か国目のチャレンジをして、ゴールを決めること」と綴っている。

 これまで日本のほか、イタリア、ロシア、オランダ、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、アゼルバイジャンと8か国のプロリーグでプレーした経験を持つ元日本代表MFは、さらなる海外挑戦を目標に掲げているという。

 だが、その道が簡単ではないことも自覚しているようだ。「しかし、ほとんどのクラブは若い選手に興味を持っているため、考えているよりも簡単ではない」とし、「私は35歳」というコメントに、ガッツポーズの絵文字を添えている。
 
 このツイートに日本と海外のサポーターから多くのリプライが寄せられた。「9か国目での活躍を楽しみにしています」「ホンダならできる!」「どこへ行かれても、応援しています」「Jリーグはやっぱりだめですか?」「パチューカに戻ってきて」「ボタフォゴにいい選手が加入したのでいかがですか?」といったエールや勧誘など様々だ。

 大迫勇也、武藤嘉紀、乾貴士といった海外のプロリーグに在籍していたプレーヤーは、続々とJリーグ復帰を決めた。だが、今回の本田の投稿は、あくまで海外での挑戦を続けるという決意の表われだろう。果たして9か国目は、どこになるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
【C大阪】乾貴士の加入が決定。背番号を「23番」にした理由は?
「代表でもトップ下を狙う」久保建英はA代表でも主軸となれるか? 最終予選でも「チャンスは来る」
ゴール量産中の古橋亨梧が語る海外移籍。「もっと成長しないと」謙虚さの内に秘められた代表での決意
【セルジオ越後】最終予選へ絶対的に期待したいのは大迫でもなく、南野や堂安、鎌田でもなく…
守田英正へのトルコ1部フェネルバフチェからのオファーをクラブが拒否! 「500万ユーロでは見合わない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ