【FC東京】「同じチームで戦いたかった」。森重真人が8/28神戸戦を前に“盟友”武藤嘉紀への想いを吐露

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年08月26日

「意地のぶつかり合いを楽しんでもらえれば」

かつてFC東京でともに戦った森重と武藤が、8月28日の試合でマッチアップ。FC東京のファン・サポーターはどんな心境でこの対戦を見るのか。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 FC東京が「青赤STAY HOME」と題して行なったライブ配信で、森重真人と武藤嘉紀が対談した昨年5月には、まさか武藤が神戸に加入するとは夢にも思わなかった。

 しかし、それからおよそ1年4か月の時を経て、ふたりは違うユニホームを着てピッチで再会を果たすことになる。8月28日の神戸対FC東京戦を前に森重は今の心境を次のように語った。

「本来ならばというか、希望としては同じチームで戦いたかった。そうはいかず、対戦相手として戦うことになる。お互いどういう性格かとか、どういうプレーをするかは分かっているので、個人的にはとても楽しみ。ここ数年、よっち(武藤の愛称)とはあまりプレーしていませんが、彼自身もパワーアップしているはずで、それを肌で感じるのがとても楽しみです。どういうプレーヤーになっているのか、ワクワクしています」
 
 
 FWの武藤、DFの森重。ポジション的にふたりがマッチアップする回数は多そうだ。「負けたくない」という森重は神戸戦にむけて言葉を継ぐ。

「よっちも負けず嫌いなので、俺には負けたくないと思っているはずです。意地のぶつかり合いを皆さんには楽しんでもらえれば」

 森重と武藤のマッチアップ。これが試合の行方を左右するポイントのひとつになるのは間違いない。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
日本代表、W杯アジア最終予選に挑むメンバー24人を発表! セルティックで躍動の古橋や東京五輪組からGK谷も選出
<2020ベストヒット!>森重真人が選ぶJ歴代ベスト11「対峙するだけで嫌だった『悪魔』のFWは…」
「FC東京は大切なチーム」それでも武藤嘉紀が新天地に古巣ではなく神戸を選んだ理由
三笘薫、荒木遼太郎、中田英寿…。この7選手は天才か。岩本輝雄と名良橋晃がズバリ回答【記事一覧】
「いまや攻撃のリーダー」久保建英の2年前との“役割の違い”を地元紙が解説! 指揮官が考える起用法のモデルは五輪代表?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ