大迫の7年ぶりJ復帰戦! 神戸が酒井、イニエスタ、菊池の3発で大分を下し敵地で勝点3を奪取!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月25日

大迫&武藤のホットラインでPK獲得!

イニエスタがPKで決めたゴールなど、神戸が敵地で3発快勝を飾った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは8月25日に、J1第26節の10試合を各地で開催。昭和電工ドーム大分では、大分トリニータ対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、3-1で神戸が勝利を収めた。

 大分は、神戸から完全移籍で加入したばかりの増山朝陽を先発起用。神戸は今夏、7年ぶりにJリーグに復帰した大迫勇也をスタメン入りさせた。

 試合は開始2分にさっそく大分が先制点を奪う。右CKに対し、ニアに走りこんだ三竿雄斗が頭でそらすと、ファーサイドで待っていた香川勇気が、右足のボレーで合わせてネットを揺らす。香川はこれがJ1初ゴールとなった。

 しかし、神戸もすぐさま反撃。9分に、ペナルティエリア右でパスを受けた酒井高徳が、左足のコントロールシュートで逆サイドネットに決め、ゲームを振出しに戻した。

 神戸は、大迫のポストプレーや、アンドレス・イニエスタの巧みなボールさばきからチャンスを生み出していく。22分には、高い位置で奪ったイニエスタが自ら右足を振りぬくも、GK高木駿の好セーブに阻まれる。
 
 そして45+3分、左サイドでボールを収めた大迫からの前線への浮き球のパスを、ペナルティエリア内で武藤嘉紀がトラップ。この際、競り合った相手DFがボールを手で触り防いだとして、神戸がPKを獲得する。これをキッカーのイニエスタが冷静にゴール左隅に決めて逆転に成功する。

 後半も主導権を握る神戸は53分、敵陣浅い位置で山口蛍がパスカット。GKが出てきて無人となっていたゴールへ目掛けロングシュートを放つも、エンリケ・トレヴィザンがゴールラインギリギリで、バックステップを踏みながら頭でかき出す。

 さらに終盤の87分にも、菊池流帆がヘディングでダメ押しの3点目を決めて、神戸が3-1の快勝。大分は5試合勝利なしと苦しい状況が続いている。

 次戦は28日、大分はアウェーでサンフレッチェ広島と、神戸はホームでFC東京と27節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!ヴィッセル神戸の「歴代集合写真」を一挙紹介!
 
【関連記事】
大迫勇也が大分戦で先発!イニエスタ、武藤嘉紀ら神戸の豪華ラインナップが実現!
「パパ、メロメロ」「可愛すぎる」吉田麻也が家族の“ラブラブショット”公開! イタリアの美しい町並みで愛娘と…
古橋亨梧へ人種差別行為をしたファンが所属するサポーターグループが沈黙を破る!「関わった全員を許さない」
エムバペはなぜCL制覇も狙える“新・銀河系軍団”からの離脱を決意したのか。最大の理由はやはり…
「なんて恥だ」メキシコ女子サッカーで発生した“衝撃の大乱闘”に世界仰天!「制御不能」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ