稲垣が2発!名古屋がリーグ戦、約3か月ぶりの複数得点で札幌に完勝

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月25日

3戦連発中の小柏も不発に

前半のうちに2ゴールを挙げた稲垣。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは8月25日、第26節の10試合を各地で開催。札幌厚別公園競技場で行われた札幌対名古屋の一戦は、2-0でアウェーの後者が勝利を収めた。

 8月は2勝1分と負けなしの札幌は、前節から3選手を変更。柳貴博、ルーカス・フェルナンデス、ジェイが入った。

 一方、8月に入って、天皇杯と未消化分の試合をこなし、今節で7試合目となる名古屋は、5選手を入れ替えた。前節スーパーゴールを決めたシュヴィルツォクが初スタメンとなったほか、宮原和也、藤井陽也、米本拓司、前田直輝が名を連ねる。

 試合は、ホームの札幌が名古屋ゴールに迫る。ジェイのポストプレーから、青木亮太、金子拓郎らがシュートを放つが、名古屋の堅い守備の前にゴールを割ることができない。

 するとアウェーの名古屋が効率よく得点を重ねる。30分に米本からのパスを受けたマテウスが札幌ゴールへドリブルで持ち運ぶと、やや体制を崩されながらも左足でシュートを狙う。これは相手DFにブロックされるが、こぼれ球に走りこんだ稲垣祥が狙いすましたシュートでネットを揺らし、名古屋が先制に成功する。

 続けて45分。札幌の攻撃をしのぐと自陣からカウンターを発動。前田が抜け出し左サイドを持ちあがると、絶妙なクロスを供給。ともに自陣ゴール前から相手ゴールまで駆け上がった稲垣が渾身のジャンプでこれに合わせ、ヘディングで追加点を記録した。
 
 得点が必要な札幌は後半頭から柳に代えて荒野拓馬を投入。名古屋陣内でゲームを進めるものの、3戦連発中の小柏剛のシュートもGKランゲラックに防がれ、最後までゴールを割ることができず、0-2のままタイムアップを迎えた。

 名古屋は5月15日の清水戦以来となる複数得点を記録し、3連勝を達成。一方の札幌は8月初の黒星となった。

 次節、札幌は28日にホームで川崎と激突。名古屋は29日に清水とホームで対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「レベルが違うかも」「やばい人連れてきた」名古屋新助っ人に驚愕の声! EURO出場FWの衝撃ゴラッソが話題
「パパ、メロメロ」「可愛すぎる」吉田麻也が家族の“ラブラブショット”公開! イタリアの美しい町並みで愛娘と…
エムバペはなぜCL制覇も狙える“新・銀河系軍団”からの離脱を決意したのか。最大の理由はやはり…
たった1試合で“特等席”を与えられた久保建英。マジョルカ番記者が評価した2つのポイントは?【現地発】
前園真聖が投稿した中田英寿との「夢のツーショット」が大反響!ヒデの巧みな動きに「ここでも空間認知w」とファン歓喜!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ