川崎が今季公式戦初の敗戦…福岡がJ・クルークスの一撃で大金星をゲット!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月25日

9人先発を変更した福岡の采配がズバリ的中

C大阪戦の再現のような右サイドからの豪快な一撃で王者を追い詰めたクルークス。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは8月25日、第26節の10試合を各地で開催。ベスト電器スタジアムで行われた福岡対川崎の一戦は、1-0でホームの前者が勝利を収めた。

 8月に入って1勝1分1敗のホーム福岡は、守備の要、ドウグラス・グローリが累積警告で出場停止。前節から9名を変更した。カルロス・グティエレス、宮大樹、志知孝明、ジョルディ・クルークス、カウエ、重廣卓也、杉本太郎、渡大生、城後寿が先発に名を連ねた。

 ここ2試合引き分けが続く川崎は、3選手を変更し、山村和也、橘田健人、宮城天をスタメンで起用した。

 試合は、川崎ペースで推移する。13分にシミッチが中盤からペナルティエリア内へ鋭いスルーパスを通すと、走りこんだ宮城がシュートを放つ。これはGK村上昌謙のファインセーブに遭い、ゴールならず。続けて15分、右サイドの家長昭博から宮城へパスが出るものの、DFに防がれる。

 その後も攻め続けるものの、決定打を奪えずにいると、アクシデントが発生。精力的に動き回っていた旗手怜央がもも裏を抑えてピッチに座り込んでしまう。続行不可能で担架でピッチを後にした。変わって39分に小林悠が投入された。
 
 スコアレスで折り返した後半、先手を奪ったのはホームの福岡だった。

 後半立ち上がりの相手の猛攻を耐えると、右サイドで相手のクリアボールを拾ったクルークスがマイナス気味にカットインして左足を一閃。ややカーブのかかったシュートは逆サイドのネットに突き刺さり、福岡が66分に先制に成功する。

 その後は川崎の攻撃を身体を張って防ぐと、効果的なカウンターから福岡が攻め込む時間が増えてくる。

 終盤も川崎の攻撃をはじき返し続け、福岡が逃げ切りに成功。川崎は決定打を奪えぬまま無念のタイムアップを迎えた。川崎は今季公式戦初の黒星となった。

 次節、福岡は29日にホームで徳島と激突。川崎は28日に敵地で札幌と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「パパ、メロメロ」「可愛すぎる」吉田麻也が家族の“ラブラブショット”公開! イタリアの美しい町並みで愛娘と…
ポルティモネンセがポルトMF中島翔哉とG大阪FW川﨑修平を獲得へ!「構想外」と「日本の有望株」のアタッカーを二枚獲り
前園真聖が投稿した中田英寿との「夢のツーショット」が大反響!ヒデの巧みな動きに「ここでも空間認知w」とファン歓喜!
世界8強入りは可能か? 最終予選に臨む現有戦力は“史上最高”に近いが…森保一監督への期待と不安
たった1試合で“特等席”を与えられた久保建英。マジョルカ番記者が評価した2つのポイントは?【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ