• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本人がいかに礼儀正しいか…」古橋亨梧への人種差別にポステコグルー監督が心痛「自分が連れてきたから悲しい」

「日本人がいかに礼儀正しいか…」古橋亨梧への人種差別にポステコグルー監督が心痛「自分が連れてきたから悲しい」

カテゴリ:Jリーグ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年08月24日

古橋本人はSNSに何を綴った?

セルティックのポステコグルー監督(左)が古橋(右)の人種差別について言及した。(C)Getty Images

画像を見る

 セルティックに所属する古橋亨梧に対する人種差別行為が大きな問題となる中、レンジャーズは該当のサポーターを特定し、永久に入場禁止処分とすることを発表した。

 レンジャーズのサポーターがSNSに投稿した動画の中で、サポーターが移動中のバスの車内で人種差別的な歌を歌い、アジア人に対する差別を意味するジェスチャーをしていたことを受け、レンジャーズは調査に乗り出していた。

 そして8月23日、レンジャーズは問題のサポーターの特定と入場禁止処分にすることを発表。さらに、該当ファンが所属していたサポータークラブの今後のチケット受け取りも禁止すると明かした。

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
 古橋に対する差別行為には、アンジェ・ポステコグルー監督も心を痛めている。英衛星放送『Sky Sports』によると、指揮官はクラブ公式チャンネルで「正直、とても悲しい。彼を連れてきたのは私だからだ」と胸の内を明かした。

「私は日本で3年半を過ごした。私は外国人だった。(だが)日本では歓迎されたよ。日本人がいかに礼儀正しく、敬意を払う人たちかを知っている」

 古橋本人は同日、SNSで「NoToRacism(人種差別反対)」のハッシュタグをつけ、「I'll never walk alone(僕はひとりじゃない)」と投稿した。もちろん、セルティックのファンが歌う「You'll never walk alone」に合わせた言葉だ。

 日本代表FWが周囲に感謝していることは、ポステコグルー監督の言葉からもうかがえる。オーストラリア人指揮官は「本人と話したが、彼はここにいるのが大好きなんだ。彼はこの街や、みんなの迎え入れ方が大好きなんだよ」と述べた。

「教育の問題ではない。何が正しく、間違えているか、人は十分に分かっている。ただまともな人間として、敬意をもって人に接することが大切というだけだ」

 サッカーに限らず、当たり前のことが当たり前になるのを願うばかりだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】移籍直後から得点量産中!セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!
【関連記事】
交代直後に…敵のサポーターが拍手した久保建英の“粋な振る舞い”とは?
「多くの才能が眠っている」ポステコグルー監督が、古橋亨梧に続くさらなるJリーガーの補強に意欲!
元Jクラブ指揮官が欧州で称賛の嵐!「見ていて楽しい」「信じられないような幸運に感謝」
「もう神の領域だ」爆発中の古橋亨梧を中国メディアが大絶賛!「6ゴールは全て魔法のような動きから…」
吉田麻也が内田篤人に明かした、日本代表キャプテンの後継者は? その事実を聞いた本人は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ