【J1】横浜が5発完勝! 2戦連続ドローの首位川崎を勝点4差で追撃。神戸は新戦力・武藤の活躍で鹿島に競り勝つ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月21日

レオ・セアラのハットトリックの活躍もあり、横浜が大量5得点の完勝を収めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは8月21日、各地で25節の9試合を開催。横浜F・マリノスが5得点の完勝を収め、首位の川崎フロンターレに勝点4差に迫った。

 首位の川崎は、アウェーでサンフレッチェ広島と激突。序盤は広島に主導権を握られ27分に失点も、73分にレアンドロ・ダミアンのゴールで同点に追いつく。終盤にかけて猛攻を仕掛ける川崎だったが、最後まで逆転弾を奪えず1-1で決着。2試合連続のドローとなった。

 11試合負けなしと好調を続け、首位を追う2位の横浜は、ホームでベガルタ仙台と対戦。26分と62分にレオ・セアラがネットを揺らすと、67分には相手のミスを突いてボールを奪った流れから、マルコス・ジュニオールが決めて3点をリードする。さらにその3分後にも、L・セアラが得点を奪い、ハットトリックを達成した。

 その後も横浜は攻撃の手を緩めず、90+4分にも天野純がダメ押しの5点目を挙げる。5-0の完勝を収めた横浜が3連勝を飾った。この結果、横浜は川崎との勝点差を4に縮めている。

 3位・鹿島アントラーズと5位・ヴィッセル神戸の上位対決は、神戸に軍配。お互いにフィニッシュの精度を欠き、なかなか得点が生まれない展開のなか、期待の新戦力・武藤嘉紀のお膳立てから79分に山口蛍が決勝ゴールを奪い、神戸が1-0の勝利。重要な一戦をものにした。

 4位のサガン鳥栖は、柏レイソルのホームに乗り込み、2ゴールを挙げた小屋松知哉の活躍などで3-1の快勝。3位に順位を上げている。

 また、浦和レッズは関根貴大の決勝弾で徳島ヴォルティスに1-0で勝利。セレッソ大阪はチアゴの2得点などで、横浜FCに快勝。湘南ベルマーレ対清水エスパルス、ガンバ大阪対FC東京、大分トリニータ対北海道コンサドーレ札幌の3試合はいずれもドローで決着している。
 
 8月21日に行なわれたJ1リーグ25節・9試合の結果は以下の通り。

横浜 5-0 仙台
神戸 1-0 鹿島
柏 1-3 鳥栖
湘南 1-1 清水
G大阪 0-0 FC東京
広島 1-1 川崎
徳島 0-1 浦和
大分 1-1 札幌
C大阪 3-1 横浜FC

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「クボはベンチに留まる」久保建英と原大智の“元同僚対決”は実現するか。 アラベス指揮官はレンタル放出を示唆
青森山田、衝撃の強さ! 静岡学園をシュート0本に抑える"完勝劇”を支えた最強ボランチコンビの働きぶり
「シティから来た日本代表DFは何者だ?」シャルケ移籍の板倉滉にブンデス公式も注目!「似ている」と評された名手は?
エイバル退団の乾貴士、スペイン2部3クラブからのオファーを断っていたと現地報道。狙いはあくまで…
「セルティックに旋風を巻き起こしている」勢い止まらぬ古橋亨梧に海外紙も激賞!「ナカムラの後継者だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ