19時キックオフの福岡対C大阪は予定通り開催へ。記録的な大雨による「試合への影響は限定的と判断」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月15日

試合中止、延期の場合は各種SNSなどで発表

大雨で中止が相次ぐなか、福岡は試合開催決定を発表した。

画像を見る

 アビスパ福岡は8月15日、クラブの公式ホームページで同日の試合開催決定を発表した。

 ここ数日続く記録的な大雨の影響で、Jリーグでも前日14日に開催予定だった4試合(広島×神戸、松本×京都、山口×金沢、長崎×山形)が中止されていた。

 そんななか福岡は14日の18時、15日の8時と段階的に状況を見ながら試合の可否を発表していた。最終判断となる本日13時の状況を踏まえて、試合開催に踏み切ったようだ。クラブの公式ホームページでは開催決定のプロセスを以下のように明かしている。

「現在、福岡市をはじめ県内各地に大雨警報が継続発令されておりますが、試合終了まで大雨による試合への影響は限定的と判断し、予定通り試合開催を決定いたしましたのでお知らせいたします。ご来場の際は、十分気をつけてお越しくださいますようお願いいたします。
 
 なお、試合開催におきましても、危険と判断した場合はイベントの一部または全部の変更・中止及びテントや看板等設置物の撤去や移動にて対応させていただく場合がございますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。また、今後の気象状況、交通機関の運行状況等によっては、急きょ中止・延期を決定させていただく場合もございますので予めご了承ください」

 このため、同日開催予定の、J1リーグ24節、アビスパ福岡対セレッソ大阪は、ベスト電器スタジアムにて19時キックオフで予定通り開催される見通し。今後、中止や延期などの変更があった場合は、福岡の公式サイトおよび、各種SNSで発表するという。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
Jリーグ4試合が記録的な大雨の影響で中止… 活動停止指示が出た群馬の試合とともに代替日程を調整中
【総体1回戦結果】インターハイがついに開幕! 青森山田や流経大柏などが堂々の2回戦進出! 帝京はPK戦の末に敗退
「なんて素晴らしいんだ」開幕戦ゴールの遠藤航を欧州メディアが絶賛!「中盤のボスだった」
「日本のサポーターは信じられない!」モナコ公室関係者のデュクリュエ氏は、なぜJリーグの虜になったのか【インタビュー】
酒井宏樹が見せつけたクオリティ…重戦車のようなフィジカルと攻撃参加は驚異的だった

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ