「初心を思い出すゲームにしたい」。連戦スタートとなる徳島戦で、鹿島・相馬監督が心に期すこと

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月15日

リーグでは上位に位置するが「望んだポジションにいるわけではない」

ザーゴ前監督の退任を受け、コーチから昇格した相馬監督は確かな手腕でチームを立て直した。揺るぎない決意でタイトル奪還へと邁進している。(C)KASHIMA ANTLERS

画像を見る

 ホームでの徳島ヴォルティス戦を翌日に控えた8月14日、鹿島アントラーズの相馬直樹監督がオンライン取材に対応。今季2度目の3連勝がかかる一戦に向けて意気込みを語った。

 振り返れば、4月の途中就任後、初陣の相手が徳島だった。結果は1-0の勝利。上々の船出だった。それだけに、今節の試合に対して思うところはあるようだ。

「重責を引き受けるにあたって、そこでスタートして。もう一回、初心を思い出すじゃないですけど、そういうゲームにしたい」

 自分たちからチャレンジする――そうした姿勢を見せて、白星を掴みに行く。

 目下2連勝中で順位は5位。チームの調子は良いが、「望んだポジションにいるわけではない」と指揮官は表情を引き締める。
 
「より上に向かって。また連戦が始まりますので、目の前の相手に全力をすべて出し尽くすという、心をもう一度、新たにして、そういう試合でスタートできたらなと思います」

 徳島戦を終えれば、中2日で天皇杯ラウンド16のV・ファーレン長崎戦が控える。その後も中2日、中3日でリーグ戦が続き、9月に入れば、名古屋グランパスとのルヴァンカップ準々決勝が予定されている。

 タイトル奪還を見据えれば、今回の連戦がひとつの正念場になる。タイトなスケジュールでも逞しく戦い抜くために、徳島戦では勢いをつけられるような勝利を手にしたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
【関連記事】
状態上向きの鹿島・和泉竜司。徳島戦でも「自分の良さや相手の嫌がること」で勝利に導けるか
元日本代表ふたりが荒木遼太郎を“天才”と評した理由が面白い「Jリーグの中でそういない」
「見たことないぞ」「今節ベストゴールか!?」犬飼智也の強烈ゴラッソ含む2ゴールで鹿島が湘南に逆転勝利!
「いや、なにしてんだよ(笑)」。思わずツッコミたくなる上田綺世の天然ぶり【東京五輪代表のマル秘エピソード】
五輪で金メダルを目指す仲間がいる一方で――さらなる成長と進化を期す鹿島GK沖悠哉のこれからに期待

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ