仙台が猛攻も勝ち切れず、横浜FCとの一戦はスコアレスドロー。下位直接対決はお互いに悔しい結果に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月14日

関口のシュートはポスト直撃

立ち上がりに仙台の関口が決定機を迎えるも、シュートはポスト直撃。勝点3獲得とはならなかった。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは8月14日、第24節の4試合を開催。ユアテックスタジアム仙台ではベガルタ仙台対横浜FCの一戦が行なわれ、お互いに1点が遠く0-0のドロー決着となった。

 18位・仙台と20位・横浜FCの降格圏脱出へ向け、お互いに重要な一戦。最初に決定機を得たのはホームの仙台だった。9分に関口訓充がペナルティエリア手前の中央から、思い切りよく右足を振り抜く。グラウンダーのシュートは右ポストに直撃し、先制とはならず。

 13分にも、右サイドからの加藤千尋のクロスに飛び込んだ赤﨑秀平がダイレクトで合わせるが、これはGKのセーブに遭う。

 一方で横浜FCはボールを保持する時間こそ作るものの、相手の堅守をこじ開けられず、なかなか好機を生み出すことができない。

 そのなかでも松尾佑介が38分と後半終了間際の45+1分に、左サイドの敵陣深くから強烈なシュートを放つが、どちらもGKヤクブ・スウォビィクに阻まれる。お互いにチャンスを決め切れず、0-0で前半を折り返した。
 
 後半も仙台が立ち上がりから攻勢を強める。右サイドを起点に真瀬拓海や関口訓充の仕掛けから何度もチャンスを作るが、シュートで終われない展開が続く。

 64分には、赤﨑が左サイドからのグラウンダーのクロスを供給。これをゴール前でフリーで受けた氣田亮真が絶好機を迎えるも、相手DFの素早い寄せに遭い、シュートに持ち込めない。

 その後も敵陣に押し込む仙台と、粘り強い守備からカウンターを狙う横浜FCの攻防が繰り広げられるが、最後までスコアは動かず0-0のドロー決着。この結果、仙台は8試合勝利なし、横浜FCは今季初の3連勝とはならなかった。

 次節は21日にともにアウェーで、仙台は横浜F・マリノスと、横浜FCはセレッソ大阪と25節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
なぜマジョルカは久保建英をチーム最高年俸で迎え入れたのか? 番記者が明かすピッチ内外の思惑【現地発】
「彼は頭がおかしい」開始31秒の“残忍タックル”で開幕戦一発レッドのバレンシアDFに辛辣批判!「信じられない」
「僕の名前も入れたかったけど」。ユーモア溢れる松木安太郎が選ぶ日本代表・歴代最強ベスト11が興味深い
「僕が何でもします」17歳パリSGの若きエースとメッシの会話が話題!「夢のような時間」
「まるでピルロやボヌッチ!」逆転劇演出の札幌レフティに絶賛の嵐! 超絶ピンポイントクロス2発に「ガチでワールドクラス」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ