「プレースタイルが激変」「良い手本が間近に」元日本代表ふたりが説く、興梠慎三の“開花”の転機

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月18日

「プロ1、2年目の頃はスピードだけで勝負していた印象だけど」(名良橋)

昨季まで9年連続二桁得点。今季は1得点にとどまっているものの、その実力に疑いの余地はない。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 昨季まで9年連続二桁ゴールと類稀な決定力が光る興梠慎三は「天才」と呼べるのか? そんな疑問について、元日本代表で現解説者の2人──名良橋晃氏、岩本輝雄氏がひとつの回答を示す。

岩本 センス抜群。今のJリーグでトップのフォワードだと思っている。ナラ(名良橋)は興梠と鹿島時代に一緒にやっているよね?

名良橋 一緒にプレーしたのは2シーズン。彼が加入1、2年目(2005~06年)の時で、その頃はスピードが持ち味のサイドアタッカーだった。それが(07年に監督就任した)オズワルドの下でフォワードになって、才能が花開いた。そこからオールマイティなアタッカーに進化を遂げたことを考えると、“出会い”が大きかったなと。

岩本 裏への抜け出し、シュートの精度はもちろん、ボールの引き出し方が素晴らしい。最終ラインからつないでいる局面でセンターフォワードは結構隠れがちだけど、興梠は良いタイミングでスッと中盤に降りてきて良い角度でボールを受ける。そこからダイレクトで落とす技術やタメの作り方も含め、やっぱり“トップ”。フォワードはゴールだけじゃなく、キープもできないと。彼を見習ってほしい。

名良橋 プロ1、2年目の頃はスピードだけで勝負していた印象だけど、フォワードになって味方を使うようになってからプレースタイルが激変した。実戦経験を積みながら相手との駆け引きも覚えるなどして洗練されていった感じ。努力に努力を重ねて天才の領域に足を踏み入れたのが慎三です。

岩本 ただ、動き出しだけならヤナギ(柳沢敦/元・鹿島)のほうが上だった。密集地帯で自分のスペースを作る技術は、歴代のJリーガーでもナンバー1でしょ。
 
名良橋 動き出しは本当に絶妙。

岩本 速いしね。

名良橋 ヤナギのそういうプレーを見て、慎三は大きく成長できたんだと思う。

岩本 良い手本が間近にいれば、そりゃあ、上手くなるよ。

取材・文●白鳥和洋(本誌編集長)・多田哲平(本誌編集部)

※サッカーダイジェスト6月24日号に掲載されたものを加筆・修正して転載。

【PHOTO】力強い手拍子で後押し!浦和レッズサポーターを特集!
【関連記事】
「天才というよりも…」。“元同僚”岩本輝雄と名良橋晃が明かす「中田英寿の本質」
「やべっちFCの宿題はすぐにできた」“自称天才”西大伍が語る天才の正体【インタビュー】
Jリーグも「天才的」と絶賛! 柿谷曜一朗の超絶トラップ動画に驚愕の声「へ、変態だ」「急に手品始めた」
「日本酒がエネルギー源」「人間離れしている」。岩本輝雄と名良橋晃が“規格外”と評す久保竜彦の凄さ
メッシ獲得のパリSG、「予想布陣」が半端ない! 難題だらけも心躍る顔触れだ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ