6月に選手1名を“適正範囲を超えた指導”。鳥栖が金明輝監督の言動について調査結果を報告

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月11日

3試合の指揮資格停止と練習参加の停止処分を受けていた

鳥栖の金監督は「さらなる処分は不要である」との判断に。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1のサガン鳥栖は8月11日、金明輝監督の言動における調査と対応について、結果報告を公式ホームページでお知らせした。

 金監督は6月26日(土)の午前トレーニングで、選手1名に対し、指導の適正範囲を超えた行為(選手を手で押さえながら足払いをして転倒させた)を行なった。

 その結果、金監督は3試合(7月17日の名古屋戦、7月24日のC大阪戦、8月9日のFC東京戦)の指揮資格停止と8月9日までの練習参加の停止処分を受けていた。

 第三者委員会がトレーニング動画の視聴、選手、スタッフからの事情聴取、監督からの事情聴取などで調査を行なった結果、「監督の行為は、口頭で指導することも可能であったにもかかわらず、過剰な指導となっている」と報告され、処分は「この対応として、監督は3試合の指揮資格停止及び当面の間の練習参加の停止(約ひと月)という不利益処分を受けている。さらなる処分は不要である」と判断された。
 
  なお、金監督のコメントは以下のとおり。

「この度は、サガン鳥栖に関わるすべての皆様に、大変なご迷惑をおかけしたことを深く反省しております。

 このような事が二度と起きないように努めて参ります。サガン鳥栖が勝利するために、手段、方法をより工夫しながら選手、スタッフと協力して頑張っていきたいと思います。

 いつもファン、サポーターの方々に支えられているということを常に心に持ちながら、目の前の試合に全力で取り組んでいきたいと思います」(原文ママ)

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【中断明けの青写真|鳥栖】松岡が抜けた穴を埋めるのは島川か。攻撃の質向上とリスク管理が肝に
「自分の野心を大切にして」。“ビースト”林大地が壮行セレモニーで決意表明。新天地での目標も激白!
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ