日本代表エース大迫勇也の神戸移籍が正式決定!「もう一段階自分を成長させるため」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月08日

「ヴィッセル神戸の新たな歴史を作るために」

神戸への加入が決まった大迫。日本代表でエースに君臨する実力者だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 ヴィッセル神戸は8月8日、ブレーメンからFW大迫勇也を完全移籍で獲得したことを発表した。

 31歳の大迫は日本代表のエースを張る実力者だ。2009年に鹿児島城西高から鹿島に加入してプロキャリアをスタートさせると、5年間でJ1通算139試合・40得点を記録。その後、14年1月にドイツ2部の1860ミュンヘンへと移籍し、同年6月にはドイツ1部のケルンへとステップアップする。18年5月からはブレーメンでプレーしていた。
 
 大迫は7年ぶりのJ復帰となる今回の移籍に際し、神戸の公式HPで以下のようにコメントしている。

「この度、ヴィッセル神戸に完全移籍で加入することになりました。プロサッカー選手になり12年半、ドイツで7年半プレーする中で様々な経験をさせて頂き、ここからもう一段階自分を成長させるため、強い気持ちを持ってヴィッセル神戸に移籍することを決断しました。

 J1リーグ、 ACL 、天皇杯、ルヴァンカップ全てのタイトルを取り、ヴィッセル神戸の新たな歴史を作るために、全力でプレーし、ストライカーとしてゴールを追求して行きたいと思います。

 ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さまの前でプレーする日を楽しみにしています。応援宜しくお願い致します」

構成●サッカーダイジェスト編集部

【大迫勇也PHOTO】「半端ないって!」高校時代から現在までの厳選フォトをお届け! 2009~2020
 
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
神戸、衝撃の大型補強の内幕は? J後半戦に向けて武藤嘉紀を獲得、大迫勇也の加入も秒読み段階へ
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
「彼らもまた、決勝進出にふさわしかった」スペイン代表MFが日本の戦いぶりを称賛【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ