緩い雰囲気は出ていた…3位決定戦で日本はなぜ3失点を喫してしまったのか?【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2021年08月08日

三笘はついに最終戦で本領発揮

メキシコにPKとセットプレーから3失点を許してしまった日本。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪・男子サッカーの3位決定戦、日本対メキシコは、1-3で日本が敗れた。

 グループステージでは2-1と勝利した日本だが、当時の試合でゴールを挙げるきっかけになった飛び出しやハイプレスは、メキシコに強く警戒され発揮することができず。逆にPK、フリーキック、コーナーキックと、セットプレーで3失点を喫し、一時は0-3とリードを許した。78分に途中出場の三笘薫が、切れ味抜群のドリブルから1点を返したが、小さな癒やしでしかなかった。

 最初の失点は13分のPKだ。その2分前に日本は右サイドからビルドアップを行ったが、相手に引っ掛かり酒井宏樹が上がった背後のスペースにカウンターを食らった。

 重戦車のようなドリブルをするアレクシス・ベガに対し、遠藤航がカバーに行き、久保建英も戻って2人で挟み込んだが、寄せ方がズレた。中を切る久保と、縦を切る遠藤の間に、広い「門」が出来てしまい、ベガはそれを見逃さず、ドリブルで2人の間に割って入って来た。久保は置き去りにされ、縦を切っていた遠藤も慌ててターンしたが、間に合わず抜かれてしまう。後ろから追いかけて足を伸ばしたが、これがベガの足に当たり、PKの判定となってしまった。

 このPK判定には疑問もある。遠藤の足がベガに接触した場所は、映像を見る限りはペナルティエリアの外に見えたが、VARによって判定が修正されることはなく、そのままPKになった。確信を持てる角度の映像がなかったのか、理由は分からないが、疑問符の付くシーンだった。JFAは普段の公式戦でも、ジャッジに不満があれば意見書等で事を構えているが、この判定にはそうした声が聞こえて来ない。3位決定戦だからだろうか。

 抜かれ方も、PKの与え方も、PK判定に対するアクションも、緩い雰囲気は出ていた。
 
 2失点目は22分。左サイドからのセバスティアン・コルドバのフリーキックを、ファーサイドから飛び込んだヨハン・バスケスにヘディングで決められた。グループステージでは退場処分になったバスケスが、値千金のゴールを挙げた。

 フリーキックに対してはラインを作り、ゾーンで守る日本だが、バスケスの前に立っていた遠藤がラインを動かすタイミングで一歩出遅れてしまう。吉田麻也や冨安健洋らは動きが揃っていたが、遠藤は初動で遅れ、バスケスに前に入られた。後ろ手で相手を探していたので、バスケスをブロックしながら動こうとしたのかもしれないが、それに気を取られて動きが遅れた。相手を気にせず、そのままラインで動けば、遠藤が先に触りそうな状況ではあった。

 3失点目は58分のコーナーキックだ。コルドバのボールに対し、ペナルティエリアの外からベガが走り込んでくると、ハイジャンプからヘディングで決めた。吉田や冨安のところで勝負せず、あえてスペースを空けて、勢いよく走り込ませた。この場面も、ベガを抑える位置にいたのは遠藤だが、混戦の中でベガを抑え切れなかった。

 遠藤にとっては悪夢の1日。安定の彼らしくない、3失点を引き起こしてしまった。心身ともに限界だったか。逆に三笘はついに最終戦で本領発揮。遅すぎる登場になってしまったが、ターンからの加速は驚異的だった。これが三笘薫。ニュージーランド戦やスペイン戦で見たかった。

 この3位決定戦、疲労は両チームにあったが、グループステージで敗れた屈辱を晴らそうとするメキシコのほうが、ゲームへの意欲が高かった。最後はコーナーフラッグ付近で時間稼ぎも行ない、銅メダルを獲得。日本はまんまとリベンジを許す結果になった。

文●清水英斗(サッカーライター)

【東京五輪】男子サッカー 全試合結果&グループステージ順位表
 
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
「すげえ…」カナダ女子のロッカールームは「ヤバいね!」。金メダル獲得に喜び爆発!【東京五輪】
まさかの0-3に呆然と立ちすくんだ日本。ただ一人、戦う姿勢を見せた男がいた【東京五輪】
「日本を表彰台から叩き落すことで、礼を尽くした」メキシコ・メディアは53年越しの逆襲に歓喜【東京五輪】
本田圭佑が東京五輪を総括!「選手たちのレベルは上がっている」一方で、課題に挙げたのは「指導者の力量」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ