元日本代表FW武藤嘉紀、神戸への完全移籍が正式決定!6年ぶりのJリーグ復帰「チームのヴィジョンに強く共感」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月07日

ドイツ、イングランド、スペインと渡り歩き、Jリーグに復帰

神戸への加入が決まった武藤。6年ぶりのJリーグ復帰となる。(C)Getty Images

画像を見る

 ヴィッセル神戸は8月7日、FW武藤嘉紀を完全移籍で獲得したことを発表した。

 29歳の武藤はFC東京の下部組織で育つと、慶応義塾大在学中にFC東京へと加入。FC東京で公式戦61試合・26ゴール5アシストと活躍し、15年5月にドイツのマインツへと移籍。その後17年夏にはイングランドのニューカッスル、19年からはスペインのエイバルでプレーしていた。また14年から選ばれた日本代表では国際Aマッチ29試合で3得点を記録している実力者だ。

 武藤にとっては6年ぶりのJリーグでのプレーとなる。
 
 武藤は今回の移籍に際し、神戸の公式HPを通じて以下のようにコメント。

「この度、ヴィッセル神戸に加入することになりました武藤嘉紀です。

 チームの皆様から大きな熱意を持ってお誘いいただき、また自分自身もチームのヴィジョンに強く共感したため、今回の移籍を決断致しました。

 1日も早くチームに溶け込み、神戸のサポーターの皆様には自分ができる最高のプレーをご覧いただき、一緒に勝利を分かち合いたいと思っております。

 また、今までサッカーを通して知り合えたチームメイトやスタッフ、今回の移籍にお力添えいただきました方々、そしてこれまで支えてくださった全ての皆様への感謝を忘れずに精進してまいります」

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「国外クラブと交渉中」大迫勇也に関し、ブレーメンが正式発表。ファンからは「神戸ですか?」「鹿島でまた見たい」
「神戸への移籍が目前に迫っている」。大迫勇也の日本復帰は秒読みか。独メディアが報じる
「両手に巨人」イニエスタがバスケ界のレジェンド兄弟と肩を並べた、驚愕の“身長差”3ショットが大反響!
本田圭佑が東京五輪を総括!「選手たちのレベルは上がっている」一方で、課題に挙げたのは「指導者の力量」
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ