「左翼の過激集団」トランプ氏が米女子サッカーチームに噛みつく。「紫の髪の女はひどい」と個人攻撃も【東京五輪】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月06日

「急進的な左派の政治について考えることに時間を費やし過ぎ」

トランプ氏(左)が、紫色の髪がトレードマークのラピノー(右)を攻撃した。(C)Getty Images

画像を見る

 過激な発言で知られるドナルド・トランプ前大統領が、自国の女子サッカーチームに嚙みついた。英紙『The Sun』が8月5日に伝えている。

 アメリカ女子は東京五輪の準決勝で、カナダ女子に0-1で敗れるも、3位決定戦ではオーストラリア女子を4-3で撃破。銅メダルを獲得した。しかし、トランプ氏はチームへの祝辞を拒否するどころか、非難。社会問題への意識が高いことを意味する「ウォーク(woke)」という俗語を用いて、次のように述べている。
 
「もし、左翼マニアの過激な集団が率いる我々のサッカーチームがウォークしていなかったら、銅メダルではなく金メダルを獲得していただろう。ウォークは負けを意味し、ウォークしているものは全てダメになる。我々のサッカーチームは確かにそうだ。残念ながら、彼らは国と国歌を尊重する以上のことを必要としている。ウォークする者を愛国者に変えて、再び勝利を得るべきだ」

 さらに、かつての大統領は、チームの大黒柱であるミーガン・ラピノーへ個人攻撃。自身の在任期間中には「くそったれたホワイトハウスになんか行かないわ」と招待を拒絶されるなど、因縁深い36歳に向け、こう吐き捨てている。

「紫の髪の女性はひどいプレーをしていたし、急進的な左派の政治について考えることに時間を費やし過ぎで、自分の仕事をしていない!」

 オーストラリアとの3位決定戦では2ゴールを決め勝利に貢献したラピノー。時の大統領が実際にそのプレーを見ていたかどうかは定かではないが、今後も遺恨は残り続けるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】日本、アメリカ、ブラジル…強豪国ひしめく東京オリンピック参加の女子12チームを紹介!
【関連記事】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
【メキシコ戦のスタメン予想】銅メダルを懸けた大一番に挑む11人は? 準決勝からの変更は3箇所か/東京五輪
「クラブの戦力に不満が…」メッシのバルセロナ電撃退団のワケは? 発表前に現地メディアが報じていた“予兆”
「限界を超えた批判がある」一振りで日本を沈めたアセンシオ、戦いの裏での壮絶な苦悩を明かす【東京五輪】
「差を感じちゃう」なでしこ岩渕真奈が五輪女子3決を注視「みんなゴールに向かってる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ