「決められない自分のふがいなさ」スペイン戦惜敗に堂安律の口をついた無念【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月04日

チャンスは作るも…

攻守に奮闘した堂安。ただ、勝利に導くゴールをチームにもたらすことはできなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪の準決勝でスペインと対戦したU-24日本代表は、粘り強く戦いながらも延長後半115分にゴールを割られ、0-1で敗れた。
 
 試合後、悔しさを口したのは10番を背負い、久保建英らと攻撃を引っ張った堂安律だ。

 自らに厳しい男は「チャンスはあったし、そこで決められない自分のふがいなさ」とパフォーマンスを振り返る。

 今大会5試合目となるスペイン戦。3日前の準々決勝・ニュージーランド戦は120分を戦い抜き、PK戦で勝利する厳しいゲームだった(スペインも準々決勝を延長戦の末に勝利)。

 それでも「体力的にきつかったなかで、しっかりやろうと話していました」と、チームは高い守備意識をベースに組織的なサッカーを披露。

 そしてボールを奪えば素早い攻撃を展開し、ゴールを目指した。堂安も自陣深い位置まで戻ってディフェンスを行ない、チャンスと見るや一気に相手陣内へ。相当に体力が求められるパフォーマンスであったが、勝利のために走り続けた。

 
 しかし目指したゴールは奪えず、チームを決勝に導くこともできなかった。だからこそ「申し訳ない気持ち」も芽生えているという。

 それでも、中2日、8月6日には1968年のメキシコ五輪以来となる銅メダル獲得のチャンス、メキシコとの3位決定戦が待っている。

 今大会最終戦で悔しさを晴らすプレーを示せるか。日本の10番にはまだ大きな仕事が残っている。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む... 銅メダルをかけてメキシコとの3位決定戦へ
【関連記事】
【U-24日本0-1U-24スペイン|採点&寸評】延長戦で力尽きるも、主将と守護神ら3人を7点台に
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
「出すこと全部やって負けたので涙も出てこない」と久保建英が準決勝を振り返る。スペインは「上手かったし、強かった」【東京五輪】
「危なかった、かなり危なかった」スペインを最後まで苦しめた日本に敵国メディアも感服!「五輪特有の重圧が…」【東京五輪】
「VARってやっぱり必要!」PKを取られるも判定が覆る!危機脱出に吉田麻也は思わず主審とグータッチ!【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ