「出すこと全部やって負けたので涙も出てこない」と久保建英が準決勝を振り返る。スペインは「上手かったし、強かった」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月03日

「自分たちもプランを持って挑んだつもりでした。あと一歩及ばなかったです」

スペイン戦に出場した久保がゲームを振り返った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 8月3日、東京五輪の日本対スペインが行なわれ、日本が0-1で敗れた。

 日本は前半、圧倒的にボールを保持するスペインに押し込まれ、耐え凌ぐ展開が続いた。39分にはピンチを迎えたが、相手FWのシュートをGK谷晃生が好セーブした。

 後半に入っても日本は引き続きスペインに攻め込まれ、58分にはPKを一度は献上してしまうが、VARチェックによりノーファールとなった。そして90分間、なんとか守り切る。

 スコアレスで延長戦に突入し、ついに均衡が破れる。延長前半も日本は無失点で乗り切ったが、後半に途中出場の相手FWマルコ・アセンシオにゴールを決められてしまった。
 
 惜しくも敗れた試合後、久保はゲームの感想をなんとか振り絞った。

「出すこと全部やって負けたので、涙も出てこないです。なんでしょう……次ですね」

 終始、劣勢に立たされた展開で、久保はスペインについて「上手かったし、強かった」と述べ、「自分たちもプランを持って挑んだつもりでした。あと一歩及ばなかったです」と悔やんだ。

 3位決定戦では8月6日に埼玉スタジアム2002でメキシコと戦う。グループステージでは2-1で勝利した相手との一戦で勝ち、銅メダル獲得なるか。久保の活躍を期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
【U-24日本0-1U-24スペイン|採点&寸評】延長戦で力尽きるも、主将と守護神ら3人を7点台に
「危なかった、かなり危なかった」スペインを最後まで苦しめた日本に敵国メディアも感服!「五輪特有の重圧が…」【東京五輪】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
「VARってやっぱり必要!」PKを取られるも判定が覆る!危機脱出に吉田麻也は思わず主審とグータッチ!【東京五輪】
ペドリが久保にユニホーム交換を申し出た理由。ライバルチームに所属する2人が4度目の対決へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ