【中断明けの青写真|山形】主力復帰など課題解決に明るい材料。昇格争いで目の離せない存在に

カテゴリ:Jリーグ

嶋 守生

2021年08月04日

最大19あった首位との勝点差を6にまで減らす

シーズン途中就任でチームを上昇気流に乗せたクラモフスキー監督。再開後、より充実度を増した戦力でどんな采配を見せるか注目だ。写真:田中研治

画像を見る

 東京五輪開催でJリーグは一時中断。その間、各チームは戦力補強やミニキャンプ実施など、再開後に向けて準備を進めている。五輪後はいかなる戦いを見せてくれるか。ここでは、J2のモンテディオ山形を取り上げる。

――◆――◆――

 山形がピーター・クラモフスキー新監督に体制を移行してちょうど10試合。この間の戦績は9勝1分と土付かずで、勝点28、得点19、失点4と攻守ともに絶好調のまま中断期間を迎えた。

 順位は就任時の17位から6位にまで大幅にジャンプアップ。上位陣がハイペースに勝点を積み重ねたなかで、最大19あった首位との勝点差を6にまで減らし、台風の目として昇格戦線に名乗りを上げたところだ。

 序盤戦の絶不調からV字回復に至ったのは、昨年の石丸清隆体制で培ったボールを動かしながら攻守にアグレッシブに仕掛けるスタイルを、佐藤尽暫定監督とクラモフスキー新監督がベースとして引き継いだことが功を奏した。

 攻守の切り替えやプレーの判断が速くなったことで攻撃のテンポが上がり、遅攻だけでなく速攻にも適応できる柔軟な攻撃サッカーへと進化できている。直近の成績にこだわりすぎず、前監督と近いスタイルのクラモフスキー監督を見出した強化部の功績も大きいだろう。

 しかし、今のチームに課題がないわけではない。調子が良いだけに、どの試合でも攻撃スピードが上がりやすく、その分だけ前半からハイペースで飛ばしすぎる傾向がある。先行逃げ切りのスタイルなので大きくリードできていれば問題ないが、後半に足が鈍って追い込まれる展開が、直近の松本山雅FC戦とジュビロ磐田戦で続いている。
 
 リーグ再開後は相手の対策も進んでくるだけに、この傾向を狙われる可能性は十分にあるだろう。

 90分間を考えたペース配分はより意識したいが、攻撃のテンポやスピーディさという長所がスポイルされるリスクがあるため悩みどころ。5枚ある交代カードを有効に使いながら、途中出場の選手がギアを上げて解決することが望ましく、試合終盤の選手起用と途中出場した選手のパフォーマンスが課題になるだろう。
 
【関連記事】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
【U-24日本0-1U-24スペイン|採点&寸評】延長戦で力尽きるも、主将と守護神ら3人を7点台に
「危なかった、かなり危なかった」スペインを最後まで苦しめた日本に敵国メディアも感服!「五輪特有の重圧が…」【東京五輪】
ペドリが久保にユニホーム交換を申し出た理由。ライバルチームに所属する2人が4度目の対決へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ