G大阪がパトリックの決勝弾で3連勝!仙台は中断明けの一戦で良い攻撃を見せるも及ばず…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月03日

25分にはオウンゴールになりそうなシーンも

決勝点を決めたパトリック。ターゲットマンとしてその存在は大きい。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグのベガルタ仙台対ガンバ大阪が8月3日、ユアテックスタジアム仙台で行なわれ、アウェーのG大阪が1₋0で勝利した。

 まず、最初にチャンスを作ったのはG大阪だった。右サイドの小野瀬康介がクロスボールを上げると、反応したパトリックがヘディングを放つ。しかしこれは相手に当たってしまい得点にはつながらなかった。

  対する仙台にも決定機。15分、ペナルティエリア内でボールを持った西村拓真が、強引なドリブルで相手をかわしGKと1対1に。シュートはGKを抜けたものの、力が足りず相手にクリアされてしまう。

 25分にはG大阪側にヒヤッとする場面が。相手のロングボールに対し、キム・ヨングォンが頭でバックパスをするが精度が足りず、GK東口順昭の手の届かないボールがあわやオウンゴールというシーンだった。

 中断期間の成果仙台が良い攻撃を見せていたものの、G大阪が先にスコアを動かす。35分、コーナーキックのチャンスから、パトリックが強烈なヘッドを叩き込み先制する。

 その後スコアは動かず、1₋0のG大阪リードで前半を折り返す。
 
 後半に入り、最初の決定機はG大阪。ロングパスを受け取ったパトリックが、フリーの状態で相手GKと対面。冷静に決めたかったところだったが、GKヤクブ・スウォビィクにセーブされ、チャンスを生かしきれなかった。

 追いかける仙台も51分、64分と鋭いクロスから好機を演出するが、中々ゴールにつなげられない。79分には前線のフェリペ・カルドーゾがボールを収め、左サイドを抜け出したエマヌエル・オッティがシュートまで運ぶなど、新助っ人同士の好連係も目立った。

 一進一退の攻防を繰り広げた両者だったがスコアは動かず、1₋0でアウェーG大阪が勝利。延期分のこの期間で怒涛の3連勝を達成し、勝点26とした。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪PHOTO】ペドリ!リシャルリソン!久保!東京オリンピックで注目の30選手を一挙紹介!
 

【五輪代表PHOTO】スペイン、ドイツ、ブラジル…スター選手も参戦する東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!
【関連記事】
日本、スペインを相手に前半を0-0。ボール保持で圧倒されるもGK谷のビッグセーブなどでピンチを凌ぐ
「スペイン、うめー」「もどかしい!」日本代表の戦いぶりを、ファンは固唾を呑んで見守る【東京五輪】
ペドリが久保にユニホーム交換を申し出た理由。ライバルチームに所属する2人が4度目の対決へ
香川、岡崎、乾…日本の名手を追いやった実力者が控えにいる、U-24スペイン代表の充実【東京五輪】
【中断明けの青写真|仙台】鍵を握る今季途中合流の助っ人陣 「負けない」から「勝つ」チームになれるか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ