【準決勝展望】メキシコ×ブラジル|チャンスの数はほぼイーブン? となれば“決め手”の勝負に/東京五輪

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2021年08月02日

両チームのベンチワークも命運を左右

ともに金メダル獲得歴のある国同士の決戦。“格”ではブラジル有利も、まとまりの良さが魅力のメキシコも好チームだ。(C)Getty Images

画像を見る

東京オリンピック・男子サッカー準決勝
U-24メキシコ代表―U-24ブラジル代表
8月3日/17:00/茨城カシマスタジアム

 ロンドン五輪のメキシコ、リオ五輪のブラジル。過去大会の王者による激突だ。

 もうひとつの準決勝で対決する日本、スペインと異なるのは、メキシコもブラジルも90分で準々決勝を終えており、中2日が続く日程でも、より良好なコンディションで戦えるということだ。

 ブラジルは4-2-3-1、メキシコは4-1-2-3が基本システム。国の格からブラジルが有利と見られやすいが、メキシコはチームとしてのまとまりが非常に良く、準々決勝の韓国戦で6ゴールを奪った攻撃面がかなり調子を上げている。

 ブラジルはエジプトにかなり苦しんだものの、FWマテウス・クーニャの挙げたゴールを守り抜いて勝利した。ここまで5得点のリシャルリソンを中心とした攻撃が注目されるが、ジエゴ・カルロスとニノがセンターバックに構えるディフェンスは堅牢だ。メキシコは縦に速い攻撃を得意とするため、ボール保持率はブラジルがやや高くなると見るが、チャンスの数はほぼイーブンになるのではないか。
 
 そうなると「決め手」の勝負になってくる。メキシコは“逆足”サイドアタッカーのディエゴ・ライネス、鋭い飛び出しと決定力のあるアレクシス・ベガが左右からフィニッシュに関わる。ブラジルは右のダニエウ・アウベスと左のギレルメ・アラナの両サイドバックが守備の生命線となるが、彼らのポジションが低くなると、ブラジルの攻撃力は半減してしまう。

 崩しの局面ではトップ下のクラウジーニョやボランチから決定的なスルーパスを繰り出すブルーノ・ギマラエスがアクセントになるが、メキシコの縦に鋭い攻撃に対して受け身になりすぎず、サイドバックの前向きなプレーをチームとして引き出していけるか。

 いずれにしても接戦になれば、ブラジルのアンドレ・ソアレス監督とメキシコのハイメ・ロサーノ監督によるベンチワークが鍵を握る。ブラジルにはレバークーゼンのFWパウリーニョ、メキシコにはエドゥアルド・アギーレという気鋭のアタッカーがおり、その他にも多士済々のタレントが揃っている。ここまで来たら総力戦でもあるので、最後まで目の離せない戦いになりそうだ。

文●河治良幸

【五輪PHOTO】ペドリ!リシャルリソン!久保!東京オリンピックで注目の30選手を一挙紹介!
 
【関連記事】
【準決勝展望】日本×スペイン|敵将は用意周到に準備。だからこそ前田大然の先発起用が面白い/東京五輪
「日本と歴史ある3国が残った」米TV局がベスト4の顔ぶれに驚嘆!「特色の異なるチームばかり」【東京五輪】
スペイン紙が東京五輪の金メダル獲得チームを予想! 読者アンケートで1位となったチームは?【東京五輪】
「どれも的を射ている」川澄奈穂美が五輪敗退のなでしこへ、OGコメントとともにエール!【東京五輪】
スペイン撃破のヒントはメキシコ戦にあり。準決勝の2大キーマンは?【東京五輪/編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ