「自分で決めたい感覚があった」遠藤航がPK戦で5番目のキッカーを懇願! 強い覚悟を背中で見せる【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月01日

「こういう舞台でPKを蹴れるチャンスはない」

遠藤がPK戦で5番目のキッカーを熱望したワケとは。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は7月31日、東京オリンピック準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦し、0-0で突入したPK戦の末に勝利。遠藤航が試合後に取材に応じ、PK戦の舞台裏を明かした。

 日本は立ち上がりから積極的に相手ゴールに迫った。しかし、決めるべきところで決め切れず、延長戦を含めた120分が終了。PK戦へと突入した。

 PK戦を前にベンチの前では、キッカーの順番を決める話し合いが行なわれたが、このとき遠藤は、「僕は5番目に蹴りたいと言っていた。最後に(吉田)麻也くんから何番がいいと訊かれて、僕は5番がいいですと言いました」と5番目を懇願していたことを明かした。
 
「こういう舞台でPKを蹴れるチャンスはない。浦和時代にルヴァンカップで5番目で蹴ったんですけど、その時みたいな感覚で、自分で(試合の勝利を)決めたい感覚があった。そういう強い気持ちを持っている人が蹴ればいい。今日は蹴りたいと言ったメンバーが最初に5人揃った。(4番目の)麻也さんにも、外しても僕決めるんで大丈夫です、と言いましたし、それくらいPK戦は余裕があればいいんじゃないかと思います」

 しっかりと若い選手を後ろから支え、オーバーエイジとしての役割を全うしている遠藤。さらにそれだけではなく、今回のPK戦のように強い意思や覚悟を背中で見せている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】GK谷晃生がスーパーセーブ!PK戦に勝利し歓喜に沸くU-24日本代表の笑顔を厳選!

【五輪代表PHOTO】U-24日本0(4PK2)0U-24ニュージーランド|谷が勝利を引き寄せるPKストップ!ロンドン大会以来となるベスト4ヘ!
【関連記事】
【セルジオ越後】次は日本サッカーの決勝戦! メダルを獲らないと見向きもされないのが五輪だよ
「我々と対戦するのは日本!」スペイン大手紙も“再戦”を報じる!キーマンに名指しされたのは?【東京五輪】
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪
「迷惑をかけてしまった」と久保建英が反省。スペイン戦に向けては「150%の力でチームを勝たせたい」【東京五輪】
韓国がメキシコに屈辱的な惨敗! 守備崩壊の大量6失点でベスト4進出ならず!【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ