「これ以上のことはできない」PK戦で苦杯もNZメディアは自軍に賛辞!「夢が潰えたのは残念だが…」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月31日

「世界の舞台で見せた最高のパフォーマンスのひとつと言える」

ニュージーランドは粘り強い守備で日本を苦しめたが、あと一歩及ばなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は7月31日、東京五輪の準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦。立ち上がりから押し込み、再三決定機を迎えるも、延長戦を含む120分では得点を奪えず。勝負の行方はPK戦に委ねられると、GK谷晃生の好守も飛び出し、4人目までに相手は2本失敗。対して日本は全員が成功させ、激闘をモノにした。

 この結果に、ニュージーランド紙『The New Zealand Herald』は、悔しさを滲ませながらも、史上初めて決勝トーナメントまで進んだ自軍を称えている。

「アウトサイダーとして見られていたニュージーランドは、準々決勝で驚異的な力を発揮したが、最終的にPK戦で敗れてしまった。しかし、Oly Whites(五輪チームの愛称、フル代表はAll Whites)は、これ以上のことはできなかったと、胸を張って旅立つことだろう。50分でキャプテンのウィンストン・リードを失ったにもかかわらず、2010年のワールドカップや、2017年にウェリントンで行なわれたペルー戦のように、世界の舞台で見せた最高のパフォーマンスのひとつと言えるだろう」

 対戦相手の日本についても冷静に分析。その用意周到さを強調している。
 
「日本はグループリーグで、フランスを4-0で破ったのをはじめ、全ての試合で勝利し、非常に印象的だった。何か月もかけてキャンプを行ない、何年もかけて準備をしてきた彼らは、レアル・マドリー(久保建英)、サンプドリア(吉田麻也)、ボローニャ(冨安健洋)、シュツットガルト(遠藤航)、PSV(堂安律)などから選手を集めていたのだ。そして気温27度の暑さに加えて湿度82%という過酷な条件も待ち受けていた。夢が潰えたのは残念だが、それが続いたことは夢のようだ」

 オセアニアの雄の夢を打ち砕いた日本は、この勢いのままヨーロッパの雄も叩くことができるか。スペインとの準決勝は8月3日、埼玉スタジアムで20時キックオフだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本0(4PK2)0U-24ニュージーランド|谷が勝利を引き寄せるPKストップ!ロンドン大会以来となるベスト4ヘ!

【五輪代表PHOTO】GK谷晃生がスーパーセーブ!PK戦に勝利し歓喜に沸くU-24日本代表の笑顔を厳選!
【関連記事】
【セルジオ越後】次は日本サッカーの決勝戦! メダルを獲らないと見向きもされないのが五輪だよ
「今日のMVPは麻也」「相手監督を褒めるしかない」本田圭佑がNZ戦を解説!【東京五輪】
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪
韓国がメキシコに屈辱的な惨敗! 守備崩壊の大量6失点でベスト4進出ならず!【東京五輪】
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ