「ポゼッションはできたけど…」田中美南が攻撃の課題を分析。VAR判定についても言及【東京五輪】

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月31日

「VARがああいう判断になったのは残念ですけど…」

スウェーデン戦に出場した田中。攻撃の課題について語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 1-3で敗れた東京五輪のスウェーデン戦、なでしこジャパンはボール支配率で59%を記録し、パスは相手の約2倍となる649本をつなぎ、その成功率は85㌫だった。数字が示すとおり、田中美南は「ボールは動かせていたし、嫌な立ち位置をとって前半は相手を困らせることができた」と語った。

「相手の勢いが落ち着いたなか、余裕を持ったボール運びはできていたと思う。ボールは持ててていたので、相手も疲れて足を止めていた部分もあった」

 ただ、シュート数のスタッツに目を移せば、スウェーデンの16本に対して日本は12本と下回っている。田中は攻撃の課題をこう分析した。

「ポゼッションはできたけど、シュートまでいけていたかと言うと、そうでもなかった。立ち位置をとりながら、もっとシュートまで行くのか、入り込むのか。もっともっと突き詰めていかないといけないと思います」
 
 また田中は、30分にペナルティエリア内で倒され、一度はPKの判定が下されたがVARチェックでノーファウルとなった場面についても言及した。

「あれはVARがああいう判断になったのは残念ですけど、自分的にはランニングコースに入られたのでPKなのかなと思います。だけど、それもサッカーかなと思います」

 むしろ田中は「苦しい時にどんな形でもゴールを取り続けるFWになるしかない」とさらなる成長に意気込む。悔しい経験を糧にどう変われるか、今後の活躍に期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】日本女子1-3スウェーデン女子|田中の得点で同点に追い付きペースを掴むも追加点が遠く... なでしこはベスト8で大会を去ることに
【関連記事】
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】
五輪出られず悔しさも…元なでしこ田中陽子が誕生日を報告「もっと成長してカッコいい姿を見せれるように」
【なでしこジャパン1-3スウェーデン|採点&寸評】強豪に力負け。それでも評価したい選手は…/東京五輪
「これぞオリンピックスピリット!」号泣する杉田妃和をハグ。スウェーデン代表MFの行動に称賛【東京五輪】
岩清水梓が8強敗退の後輩たちに苦言「もっと戦うべきところはあった」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ