「このチームで誰もできない」フランス戦で初先発の旗手怜央が誇った自らの特性【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月29日

左サイドハーフとしてスタメンを掴む

柔軟なポジショニングで攻撃に絡んだ旗手。ダイビングヘッドで狙った決定機はモノにできなかったが、存在感は見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本がフランスを4-0で破り、3連勝でグループステージ突破を決めたゲームで、今大会初先発を果たしたのが旗手怜央である。

 旗手といえば、今代表ではDF登録であるが、所属する川崎ではFW登録。前線では中央、サイドを問わず、中盤ではトップ下、インサイドハーフ、ボランチなどを務め、最近ではSBで存在感を高めるなど、高質なポリバレントとして重宝されている。

 フランス戦で起用されたのは「言われた時はそこで出るんだと思いました」と本人が振り返る4-2-3-1の左サイドハーフ。

 それでも適応力を示し、「僕はサイドに張るだけでなく、中に入れるので、(トップ下の)タケ(久保建英)が持った時に距離間を良くと考えていましたし、落としてからもう一度もらうことを意識していました。試合が始まる前にイメージしていたものを出せたと思います」と2ゴールに絡む活躍を見せた。
 そして試合終盤には左SBにポジションを変更。完封勝利にも貢献し、改めてポリバレント性をアピールしたのだ。

 試合後には「どこをやっても自分らしいプレーをできるのが、僕の良さだと思いますし、それはこのチームで誰もできないことだと思うので、それは良かったです」と手応えを語る。

 準々決勝の相手はニュージーランドに決まった。調子を上げる旗手が今度はどのポジションでチームに流れをもたらすのか注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本4-0U-24フランス|久保の3試合連続得点などもあってフランスを相手に4発快勝!3連勝でGS突破を決める!

【五輪代表PHOTO】脅威の3戦連発弾!チームに勢いもたらす先制点を決めた久保建英!
【関連記事】
【U-24日本4-0U-24フランス|採点&寸評】強豪を4発粉砕! MOMは3試合連続弾の7番に!
「日本に粉砕された」4失点大敗に、仏メディアはぼう然!「痛恨の敗北でオリンピックに別れを…」【東京五輪】
「こんなこと言うのおこがましいですけど…」3戦連発で絶好調の久保建英がサポーターへ粋なメッセージ!
「若きジャポンに圧倒された…」フランス戦快勝のU-24日本代表に仏メディアも感服!「ハタテが厄介だ」【東京五輪】
男子サッカーのベスト8が決定! ドイツ、アルゼンチンが敗退、日本は次戦ニュージーランドと激突。【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ