窮地のG大阪を救ったのは宇佐美! 大分に先制を許すも、L・ペレイラ弾で追いつき、土壇場で逆転ゴールを決める

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月27日

大分はエンリケ・トレヴィザンが先制点を決める

逆転弾を決めた宇佐美貴史。見事なシュートだった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグのガンバ大阪対大分トリニータが7月27日、パナソニックスタジアム吹田で行なわれ、ホームのG大阪が2-1で勝利した。

 序盤は丁寧にショートパスをつなぐ大分に対し、G大阪はロングボールも活用しながらボール奪取後に相手の背後を狙った。それぞれの攻撃手段で互いにゴール前まで迫ったが、両チームともに最終局面で決め手に欠いた。

 26分には山本悠樹のクロスからパトリックが決定機を掴むなど、徐々にG大阪が敵陣に押し込んでいく。給水タイム直後には一美和成のグラウンダーのボールからウェリントン・シウバがビッグチャンスを迎えたが、こちらもゴールには至らなかった。

 対する大分は、得意のパスワークで反転攻勢に出る。41分には小林成豪のクロスから長沢駿がヘディング。しかしシュートは枠を外してしまった。
 
 後半に入ると、立ち上がりからG大阪が攻撃の手を強める。52分に髙尾瑠が、直後の53分にパトリックが立て続けにヘディングシュートを放ったが、どちらも相手GKポープ・ウィリアムにセーブされた。

 ピンチを凌いだ大分が反撃。60分、左CKを獲得すると、キッカーは後半頭から途中出場した野村直輝。高精度のボールが供給され、香川勇気が空中戦を競り合い、こぼれ球をすかさず拾ったエンリケ・トレヴィザンがネットを揺らした。

 1点ビハインドのG大阪がホームで意地を見せる。積極的に攻め続けた84分、ペナルティエリア手前で矢島慎也がミドルを狙う。一度は相手DFにブロックされたが、こぼれ球を拾ったレアンドロ・ペレイラが見事なシュートを決めた。

 G大阪がさらなる猛攻で畳みかける。後半アディショナルタイム、キム・ヨングォンからのロングボールをパトリックが落とし、最後は途中出場の宇佐美貴史が鮮烈ショットで逆転ゴールを奪った。

 試合はそのまま2-1でタイムアップ。終盤まで1点ビハインドで窮地に立たされていたG大阪だったが、土壇場で奪ったL・ペレイラと宇佐美のゴールで救われ、ホームチームがなんとか勝点3を手にした。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
ガンバチアが「何の撮影か分かります?」の答えを発表! 躍動感溢れるパフォーマンスは必見!
【U-24日本2-1U-24メキシコ|採点&寸評】4人が7点台の高評価! MOMは久保でも堂安でもなく…
「これが安心安全にプレーできる環境か」吉田麻也は海外記者からの問いに何と答えた?
吉田麻也の「もういいですか?」に「ちゃんとやって(笑)」。内田篤人が笑いありの濃密選手インタビュー!
「こんなに強かったのか…」電光石火2発のU-24日本代表にメキシコ紙が絶句!「恐怖のクボ」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ