「普段の彼は紳士的なんですよ。ただ…」“韓国10番”の握手拒否をどう思う? 母国のメディア関係者に直撃した【東京五輪】

カテゴリ:ワールド

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年07月27日

「負けてひどく気落ちしていたんでしょう」

韓国のカメラマンがイ・ドンギョンの素顔について明かした。(C)Getty Images

画像を見る

 大きな反響を呼んでいるのが、U-24韓国代表の10番の振る舞いだ。

 7月22日に行なわれた東京五輪のグループリーグ第1節で、ニュージーランドに0-1で敗れた、その試合後だった。

 決勝点を挙げたニュージーランドのFWクリス・ウッドから握手を求められた韓国のMFイ・ドンギョンが、なんとその手を払いのけて拒絶したのだ。

 この行為は、瞬く間に世界中に拡散し、ニュージーランドをはじめとする国外メディアはもちろん、国内からも批判の声があがる事態となってしまった。
 
 この握手拒否について、韓国のメディア関係者はどう感じているのだろうか。東京五輪の取材現場で居合わせたKBS(韓国公共放送)のTVカメラマン、キム・チュルホ氏に尋ねてみた。

「難しい問題ですね……」と切り出したキム氏は、「まず握手をしなかった理由として、コロナがあると思います。下手に接触してはいけないですからね。それから、負けてひどく気落ちしていたんでしょう」と続けた。

 そして、イ・ドンギョンの人柄について、「普段の彼はとても紳士的で、いい青年なんですよ」と強調しつつ、「ただ、倫理的、倫理的には……」と言葉を濁した。

 カメラ越しにイ・ドンギョンを追い、その素顔を知っているからこそ、ウッドに対する振る舞いが信じられなかったようだ。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTOギャラリー】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!
 
【関連記事】
「笑顔で断ればよかった…」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”が緊急釈明!「負けて落胆していた」【東京五輪】
「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】
「日本には最悪のシナリオがある」U-24日本代表の8強楽観視に韓国メディアが疑問符「2勝1敗でも危ない」【東京五輪】
「あるまじき振る舞いだ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”を母国記者が糾弾!「いろんな意味で壊滅的な一日」【東京五輪】
「お色気がハンパない!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“大人の挑発ショット”に反響続々!「眼差しがたまらん」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ