「もし相手が動かなかったら…」堂安がPKをど真ん中に蹴ったワケは?「度胸試しなら負けない」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月26日

「新しい歴史を作る気持ちはあります」

相馬が獲得したPKを堂安が決める。これが決勝ゴールとなった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 7月25日、東京五輪の日本対メキシコが行なわれ、日本が2-1で勝利。この試合で1ゴール・1アシストと躍動したのが右サイドハーフで先発した堂安律だ。

 開始6分に酒井宏樹のスルーパスに反応して右サイドを抜け出し、クロスから久保建英のゴールをお膳立て。さらに11分にはPKを落ち着いて決め、チームの2点目を奪った。

 先制点の場面は「うまく背後に抜けられた。あそこに入ってくれるだろうという建英への信頼感で、パスを出しました」と久保との連係の手応えを語った。
 
 さらにど真ん中に突き刺したPKは「もし相手が動かなかったら相手の度胸勝ち。度胸試しなら負けないぞ、と思って」蹴ったという。

 オーバーエイジとして参戦している相手GKオチョアは、メキシコ代表として100試合以上の出場歴を持ち、ワールドカップは4大会連続で出場。堂安はそんな名手に怖気づくことなく、中央に蹴り込む強心臓ぶりを発揮した。

 他にも随所に技術の高さを披露し、レッドカードを誘発する抜け出しなども。改めて能力の高さを大舞台で見せつけることとなった。

「新しい歴史を作る気持ちはあります」

 28日のフランス戦ではどんなパフォーマンスを見せてくれるか。今後も日本の背番号10の度胸やプレーを楽しみにしたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本2-1U-24メキシコ|久保&堂安弾で2連勝! ボランチ遠藤は圧巻の存在感を披露

【五輪代表PHOTO】ど真ん中に蹴り込んだ!PKをしっかり決めた日本のNo.10、堂安律!
 
【関連記事】
【U-24日本2-1U-24メキシコ|採点&寸評】4人が7点台の高評価! MOMは久保でも堂安でもなく…
【セルジオ越後】金メダルは森保監督の手に託された。フランス戦を100%で勝ちに行くのか、決勝Tを見据えるのか…お手並み拝見だね
「半端ねえ」やっぱりこの男! 久保建英がメキシコ戦で“五輪史上最速”となる先制弾!「えぐいて」
「握手を拒否した理由なんてどうでもいい」“韓国10番”に非礼を浴びたウッドが大人の火消し対応「もういいだろ」【東京五輪】
「信じがたい光景だ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”の非礼に英紙も驚愕!「コケにされたわけだ」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ