【グループA第2節展望】守備安定のメキシコを日本はどう崩す? フランスは南ア戦で“チーム”になれるか

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2021年07月24日

堂安とアギーレのマッチアップは要注目

状態が戻りつつある三笘。勝負所のジョーカーとして期待される。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

▼フランス×南アフリカ
(7月25日/17:00キックオフ@埼玉スタジアム2002)

 ともに絶対負けられない試合となる。メキシコに1-4で完敗したフランスだが、攻撃の組み立て自体はそれほど悪くはなかった。ただ急増チーム感が否めず、ディテールの連係面では固定的なメンバーで継続的にチームを作ってきたメキシコに完全に上回られた。

 ただ1試合で大きく変わる期待も高く、タレント集団がどこまで“チーム”になれるか。オーバーエイジのアンドレ=ピエール・ジニャクは唯一の得点を挙げるなど好調で、南アメリカ戦でもゴールをこじ開けるキーマンになりそう。

 日本に0-1で敗れた南アフリカは引き続き守備的な5-4-1からワンチャンスを狙う形を徹底するのか。それとも3-4-3など、点を取るためにスタートからもう少し前に重心を置くのか。1トップのエビデンス・マクコパ、左サイドのルーサー・シンはもちろん、日本戦では守備の奮闘が目立った右のタボ・セレにも注目だ。
 

グループAの順位表(第1節終了時)。※上位2チームが準々決勝に進出。

画像を見る

▼日本×メキシコ
(7月25日/20:00キックオフ@埼玉スタジアム2002)

 勝ったほうが準々決勝に大きく前進する。高水準の個人能力に加えて、組織力に絶対の自信を持つメキシコはオーバーエイジの守護神ギジェルモ・オチョアを後ろ盾に、4バックのライン統率が安定している。

 3トップのディエゴ・ライネス、エンリ・マルティン、フランス戦で先制ゴールを挙げたアレクシス・ベガは途中交代しており、そのまま日本戦でもファーストセットになるはず。途中出場から終盤に4点目を決めたウリエル・アントゥナなど、サブメンバーも質は高い。

 日本はオーバーエイジの吉田麻也と酒井宏樹がロンドン五輪でメキシコに敗れた因縁もあるが、獅子奮迅の働きが期待される。メキシコの左サイドバックはパチューカで本田圭佑の同僚だったエリク・アギーレ。攻守のデュエルに強く、堂安律とのマッチアップは要注目だ。初戦はベンチ外だった三笘薫が回復を示しており、勝負所のジョーカーとして期待される。

文●河治良幸

【五輪代表PHOTO】軽快なドリブルや鋭いシュートを披露!メキシコ戦出場を目指す三笘薫を特集!

【五輪代表PHOTO】スペイン、ドイツ、ブラジル…スター選手も参戦する東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!

【PHOTO】マイアミの奇跡!グループリーグ突破!ベスト4!歴代五輪代表の激闘を激選ショットで振り返る!
 
【関連記事】
「笑顔で断ればよかった…」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”が緊急釈明!「負けて落胆していた」【東京五輪】
納得の交代カードから一転、皮肉にも久保建英の先制弾で浮かび上がった「あべこべ感」。采配の遅さには疑問符が付く!
「バカ可愛いです!」仲田歩夢が新ヘアスタイルで魅せた“横顔美人”に反響続々!「鼻たかっ」
「無観客で失われたものは?」海外記者からの問いに森保監督が本音「もう遅いですけど…」
「腹立たしい敗者だ!」英雄ウッドの握手を拒否した“韓国10番”にNZ紙が憤慨!「鼻であしらった」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ