アキレス腱断裂で無念のEURO戦線離脱も、伊代表スピナッツォーラは不屈! 「実は、最初は痛みを感じなかった…」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月24日

「11月には復帰する」と早期復帰にも貪欲

優勝決定後、アシスタントコーチのデ・ロッシにおぶさってフィールドを駆け抜けたスピナッツォーラ。(C)Getty Images

画像を見る

 EURO2020でイタリアの優勝に大きく貢献しながら、最後までピッチに立つことはできなかった。だが、その落胆を乗り越えようと、レオナルド・スピナッツォーラは前向きだ。周囲の見解よりも早く復帰を果たしたいと意気込んでいる。

 2試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝き、開幕からイタリアの好調を支えたスピナッツォーラは、ベルギーとの準々決勝でアキレス腱を断裂。無念の戦線離脱を強いられた。

 ダッシュした際に負傷したスピナッツォーラだが、当初は痛みがなかったと明かしている。イタリア『il Romanista』で、スピナッツォーラは「まったく痛みを感じなかったんだ」と振り返った。

「後ろの誰かとぶつかったのならいいんだけど、などと願っていたけど、だれもいないことに気づき、すぐに腱が切れたんだと分かった。でも、痛みはまったくなかったんだ。泣いたのは、自分が何を失うか分かっていたからだよ。少し痛みを感じたのは、手術を受けた最初の夜、麻酔が切れてからだった」

 絶好調のさなかでの負傷だけに、落胆は大きかった。だが、チームはスピナッツォーラのためにと士気を高め、53年ぶりの優勝を果たした。決勝の地ウェンブリーに駆けつけたスピナッツォーラが、最初にメダルを受け取り、松葉杖を使いながら飛び跳ねて喜んだのは周知のとおりだ。

 
 スピナッツォーラは「祝うためにすごくジャンプしたけど、EURO優勝なら足がなくても飛び跳ねられたさ」と話している。

「妻は心配していたよ。ロッカールームで僕がコケるのが怖かったんだ。気を付けるようにすごく言われて、僕も注意したよ。ロッカールームでシャンパンがあいてからは、座っていた。歌ってはいたけど、座っていたよ」

 開幕から大きな称賛を浴び、重傷で志半ばの離脱を迫られ、だが自身も貢献した大会で母国が栄光をつかんだ。喜びと悲しみが行き来する、感情が揺さぶられた大会終盤だった。

 スピナッツォーラは「笑って、泣いて、また笑って。3年前も息子が生まれて2日後に前十字じん帯を負傷。そのときも激しい感情の起伏があったな」と話している。

「少し目が回るような1週間だったと告白するよ。アドレナリンがすごくて、あまり食べられず、すぐに吐き気もして、水分もあまりとれなかった。いつも横になって、ちょっとジェットコースターみたいだったよ。本当に僕らが優勝したなんて、今でも信じられない」

 これまでも負傷に悩まされてきたスピナッツォーラは、かつてメディカルチェックまで済ませながら、ひざのコンディションを懸念したインテルへの移籍が白紙になった経験を持つ。その過去が、精神的な強さにつながったという。

「あの件から、やり直し、自分をみんなに示すための力を見つけることができた。今はもう、何も怖くない。精神的にずっと落ち着けるようになった。僕は世界最高の仕事をしており、素晴らしい家族がいて、健康なんだ。これ以上何を求められるのさ?」

 前向きなスピナッツォーラは、これから長期にわたるリハビリにも意欲的だ。復帰には半年ほど要するとも言われるが、本人は「僕は11月に戻る」と早期復帰に意気込んだ。

「11月にはまた試合に出るために監督の指揮下に戻る。僕の頭にあるのはその日程だけだ。ほかにも成功した人はいる。僕もトライするよ。1月や2月、3月までかかるかもと言われているのはよく知っている。でも、僕は11月にピッチに戻ると言うよ。間違うかもしれないけど、様子をみよう」

 もちろん、デリケートな負傷だけに、無理は禁物だ。ただ、スピナッツォーラが戻ってくるのを、多くの人が楽しみに待っている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】EURO表彰式、スピナッツォーラが先頭に立ってメダルを授与されたシーン!

【PHOTO】白熱のEURO2020を盛り上げる各国の美女サポーターを厳選!
【関連記事】
イタリアはなぜ“悲劇”から立ち直り、欧州制覇を果たせたのか? 番記者が明かす舞台裏【現地発】
UEFAがEUROのベスト11を発表! 王者イタリアから最多の5人、準優勝のイングランドから3人を選出
「アルゼンチンで最も愛されている家族」メッシが水着姿のファミリー集合写真を公開! 420万超「いいね」の大反響
「屈辱的だ」イタリアの主将キエッリーニの振る舞いをスペイン人記者が批判! 英紙は「心理戦を制した」
「笑顔で断ればよかった…」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”が緊急釈明!「負けて落胆していた」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ