なでしこジャパン、五輪初戦はカナダに1-1ドロー。先制許すもエース岩渕真奈が終盤に執念の同点弾!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月21日

開始早々にカナダのエース、シンクレアに先制点を許す苦しい展開

日本は、岩渕が同点ゴールを決めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京オリンピック女子サッカーのグループステージ第1戦、日本対カナダが7月21日、札幌ドームで行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

 日本は序盤からカナダにボール支配を許し主導権を握られる。すると開始6分、右サイドを破られ、クロスを供給されると、相手エースのクリスティン・シンクレアがシュート。これはポストを直撃したが、こぼれ球をシンクレアに押し込まれ、ネットを揺らされた。カナダに先制を許してしまう。

 日本はその後、2列目の長谷川唯や塩越柚歩、トップの岩渕真奈らにボールを集めて反撃を試みる。徐々にボールを保持する時間を延ばし、カナダゴールに迫っていくが、前半はリードを許して終了した。
 

 迎えた後半、日本は菅澤優衣香に代えて田中美南を投入。この采配が奏功する。50分過ぎ、左サイドを抜け出した長谷川からクロスが入ると、これに反応した田中がペナルティエリア内で相手GKに倒され、PKを獲得する。しかし、キッカーの田中のシュートはGKステファニー・ラビーに阻まれゴールならず。

 すると直後には左からのクロスを押し込まれるが、これはオフサイドでノーゴール。難を逃れた。しかし、日本はカナダの圧力に押され、防戦が続く。

 それでも日本は75分に杉田妃和を投入すると、徐々にペースを取り戻しす。そして84分、日本は後方からのロングフィードに抜け出した岩渕が、相手GKの位置を見極めて右足のシュートを突き刺す。日本がついに同点に追いついた。

 結局、試合はこのまま1対1で終了。日本とカナダが勝点1ずつを分け合う結果となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」
【なでしこジャパン1-1カナダ|採点&寸評】MOMは同点弾で“記録達成”の岩渕!絶品アシストの長谷川も高評価
「かろうじて引き分けた」なでしこJのドロー発進を韓国メディアも一報!「簡単にゴールを奪った」と岩渕を称賛
「蹴れば」エースの岩渕真奈はなぜPKを蹴らなかったのか? 「気持ちは理解しているつもり」
「38歳のレジェンドが決めたゴールに歓喜したが…」なでしこの“執念”にカナダ・メディアは嘆息。「主導権を握っていたのに」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ