日本戦で大注目の早熟な18歳! “イニエスタの正統後継者”ペドリは何が凄いのか

カテゴリ:国際大会

エル・パイス紙

2021年07月17日

クラシカルな香りを漂わせたモダンなフットボーラー

EURO2020では全6試合に先発したペドリ。そのパフォーマンスは圧巻だった。(C)Getty Images

画像を見る

 ペドリがウェンブリーで涙を流した。スペイン代表がEURO2020の決勝進出を逃した後だった。この大会におけるペドリの活躍には目覚しいものがあった。プレータイムはフィールドプレーヤーとしてエメリック・ラポルタの630分に次ぐチーム2番目の629分を計時。準決勝を終えた時点での走行距離は大会最長の76.1キロを記録し、パス成功率(461分本中421本)もナンバーワンの数字を叩き出した。

 それでもペドリは飽き足らずにボールを要求する。バルセロナが反対し、ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)が辞退を勧めても、東京五輪に参戦する。またそれが終われば、バルセロナのプレシーズンキャンプに合流する。フットボールが楽しくて楽しくて仕方がないのだろう。

 もともと疲労から回復しやすい体質で、休息は不要なのかもしれない。バカンスにも興味がない様子で、故郷のテゲステで両親が経営するバーに立ち寄って美味しいものを食べることができれば満足なようだ。

【五輪代表PHOTO】ペドリ、アセンシオら豪華絢爛! 優勝候補筆頭のU-24スペイン代表が神戸で練習を実施!
 それにしてもこの1年間の成長ぶりは驚異的だ。昨夏バルサに加入した当初、首脳陣の構想はレンタル修行に出すことだった。それがわずか1度のトレーニングでロナルド・クーマン監督の考えを改めさせ、その後の活躍に繋がった。

 周囲からの注目度は高まる一方で、英紙「ザ・タイムズ」が特集を組んだほどだ。その記事にはペドリのプレーについてこう綴られている。

「ペドリはほとんど走らない。彼の独特のリズムを持った魔法にかかると、その周辺でプレーの流れは凍結する。まるでスローモーションのように。シンキングスピードやスペースを察知する判断力ももちろん素晴らしいが、何よりも特筆すべきはボールを受ける前にどのようなプレーをすべきかイメージし、そこからまるで呼吸をするようにスムーズにアクションに移ることができることだ」

 ペドリはクラシカルな香りを漂わせたモダンなフットボーラーだ。判断力がスピーディーなだけでなく、常に最適なプレーを選択する。その素晴らしさは見た印象だけでなく、スタッツにも裏付けられる。芸術的かつアスリート的な要素を持ち合わせ、犠牲精神が旺盛で、一つひとつのプレーの精度も高い。スルーパスの質は極上で、コンビネーションプレーのエキスパートでもある。イタリア戦でもセルヒオ・ブスケッツとダニ・オルモと形成するトライアングルが相手の脅威となり続けた。
 
【関連記事】
総市場価値682億円は断トツ!“金メダル候補”スペイン五輪代表はどんなチーム? 番記者が挙げたキーマンはペドリではなく…
【スペイン戦のスタメン予想】ホンジュラス戦から3箇所を変更か。“スピード重視”で 優勝候補筆頭に挑む
「ホテルの廊下やエレベーターが…」日本戦に挑むスペインの指揮官、新型コロナ感染拡大への懸念は?
「あのミスは悲しかったけど…」スペインの超逸材ペドリは、なぜ18歳にしてEUROで活躍できるのか【インタビュー】
“特例”での五輪参戦は、久保建英の去就にどう影響するのか。マドリー番記者に訊く「リスクはある。だが…」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ