G大阪がトップチーム選手2名、スタッフ2名がコロナ陽性判定。17日の福岡戦は当該陽性者を除き開催

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月15日

陽性者4名は現在、発熱や体調不良などの症状はなし

ウズベキスタンから帰国後、4名のコロナ陽性者が判明したG大阪。ACLは2勝3分1敗の成績で惜しくもグループステージ敗退となった。(C)2021 Asian Football Confederation

画像を見る

 ガンバ大阪は7月15日、トップチームの選手2名、スタッフ2名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたことを発表した。

 ウズベキスタンでのACLグループステージを終え、7月9日の同国を出国前のPCR検査では全員が陰性。11日にチャーター便で日本へ出発、12日の帰国後の空港での検査、13日の入国後抗原定性検査(1日目)でも全員陰性だったが、14日の入国後抗原定性検査(2日目)でスタッフ1名(A)が陽性疑い、その後医療機関でのPCR検査にて陽性診断。スタッフAの陽性疑いに伴い、トップチーム関係者全員がPCR検査を実施し、選手2名・スタッフ1名が陽性診断となった。

 同4名に関しては現在、発熱や体調不良などの症状はなく、すでに隔離対応、療養している。なお、その他の選手・スタッフは全員陰性を得ており、保健所よりクラブ内の濃厚接触者はなしとの見解。また、トップチームはウズベキスタンでのACL出場後、帰国時はチャーター便で帰国しており、同機に一般の乗客は搭乗していなかった。また、空港到着後、宿泊施設までの移動を含む、国内の移動は全て専用車両で行なっていた。
 
 今後は、14日に実施したPCR検査の結果を踏まえ、当該選手・スタッフを除きチーム活動を行なっていく。関係者等の安全確保と健康維持を最優先に、感染拡大防止と注意喚起に取り組む一方、関係機関の方針や行動計画に基づいて迅速に対応していくということだ。

 なお、17日に予定されているJ1リーグ第21節のアビスパ福岡戦は、当該陽性者を除き開催する。

 また、G大阪と同じくウズベキスタンでACLを戦った川崎フロンターレでも、帰国後のPCR検査でスタッフ2名が陽性診断を受けている。

構成●サッカーダイジェストweb編集部
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「日本戦でこんなことは滅多にない」豪州指揮官は何に驚いたのか? 「ニッポンが最も技術的に優れているから…」
「まるで戦場」散らかり放題のイタリアのロッカーに英紙が痛烈皮肉!「敗れた側とは状況が大きく異なる」
ルヴァンカップ決勝トーナメントの対戦カードが決定! 前回王者FC東京は札幌、公式戦無敗の川崎は浦和と激突
英メディアが、東京五輪・男子サッカーで注目すべき10人を発表! 日本代表から選出されたのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ