EURO決勝当日、ウェンブリーに数百人超が不法侵入! 地元警察は45人の逮捕を発表

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月12日

市中でもサポーターが大暴れ

植え込みを引き抜いて放り投げるファンの姿も…。 (C)Getty Images

画像を見る

 7月11日に開催されたEURO2020決勝、イングランド対イタリアが行なわれたが、スタジアムで45人以上が逮捕されたようだ。英紙『The Independent』などが伝えている。

 逮捕の対象となったのは、主にチケットを持たずにスタジアムに侵入したファンだという。現場では、セキュリティや機動隊が警備にあたっていたが、何十人ものファンが警備を突破し、ウェンブリースタジアムの入り口に駆け込む様子が確認されているという。

 この出来事により、現場は大混乱に陥ったようだ。全員を取り押さえることは叶わず、チケットを持たないファンがスタジアムの階段や廊下、通路や障がい者用スペースをふさぎ、正規のチケットを購入して入場したファンからは苦情が殺到したようだ。
 
 セキュリティに見つかった違反者はスタジアムから退場させられたが、侵入者全員を追い出すまでには至らなかったとみられる。実際にチケットを持たずにスタジアムに入場したサポーターは数百人、1000人以上いたとみられるが、そのうち逮捕されたのは45人ほどのようだ。今後も違反者の特定を進め、さらに増えていく見込みだという。警備にあたっていた警官は19人が負傷したようだ。

 また、試合前後にも市中でサポーターが暴れまわったと報じられている。英紙『Daily Mail』によれば、「ピカデリー・サーカス周辺では信号機や電柱によじ登るファンが確認され、レスター・スクエアなどの主要駅では酔っぱらったサポーターが集結。トラファルガー・スクエアでは興奮したファンが植え込みを引っこ抜いて投げ、人々が踊り狂っていた」と伝えている。

 決勝には敗れ、イングランド代表の悲願は達成されなかった。地元警察は引き続き、「ファンには落ち着いてほしい」と警告を発している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「イタリア中に祝ってほしい」53年ぶりの欧州制覇にマンチーニ監督は涙。「選手たちは素晴らしかった」
「ガレスは失敗した」「イタリアが勝者にふさわしい」レジェンドたちは、イングランドの敗戦をどう見た?
「カンナバーロの姿を心の中で見て…」伊代表主将が53年ぶり欧州制覇の裏側を明かす!大会MVPの若き守護神にも賛辞
「すべて私の責任」英代表サウスゲイト監督、PKを外した若手3選手をかばう「計算された賭けだった」
【EURO】記事・動画一覧

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ