オナイウの2戦連発ゴールなどで横浜が6連勝を達成! 敗れた福岡は痛恨4連敗

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月10日

横浜が前半だけで2点のリードを奪う

横浜が盤石の戦いぶりで福岡に勝利。これで6連勝と好調をキープする。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは7月10日、第22節の3試合を各地で開催。ニッパツ三ツ沢球技場で行なわれた横浜F・マリノス対アビスパ福岡の一戦は、2-0で横浜が勝利した。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

▼横浜/ホーム
スタメン)
GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、和田拓也 MF:扇原貴宏、岩田智輝、天野純 FW:エウベル、オナイウ阿道、仲川輝人
サブ)
GK:梶川裕嗣 DF:伊藤槙人、高野遼、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也 FW:水沼宏太

▼福岡/アウェー
スタメン)
GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、志知孝明、ドウグラス・グローリ、奈良竜樹 MF:前寛之、重廣卓也、杉本太郎、金森健志 FW:山岸祐也、ブルーノ・メンデス
サブ)
GK:杉山力裕 DF:湯澤聖人、宮大樹 MF:ジョルディ・クルークス、北島祐二 FW:城後寿、ジョン・マリ

 序盤はポゼッションに勝る横浜がペースを握る展開。15分には仲川が持ち前のスピードで抜け出して決定機を迎える。だが、シュートは相手GK村上の好守に阻まれる。

 試合が動いたのは22分。押し込んでいた横浜が先制に成功する。敵陣右サイドで扇原からパスを受けた天野のクロスが相手のオウンゴールを誘い、リードを奪う。ホームチームはさらに28分、エウベルのクロスをオナイウがヘッドで叩き込み、2-0とする。オナイウは2戦連発でチームトップの12点目をマークする。

 苦しい状況となった福岡は反撃を試みるも、思うような成果を出せず前半を折り返す。
 
 迎えた後半、さらに攻撃の強度を上げてきた福岡に対し、横浜は要所を締めた守備でピンチの芽を素早く摘み取っていく。危険なクロスを入れられても、身体を張ったディフェンスで最後の一線を越えさせない。

 3点目こそ奪えなかったが、危なげない戦いぶりで2点のリードを守り切った横浜が勝利を収め、これで6連勝を達成。敗れた福岡は痛恨の4連敗とトンネルから抜け出すことができなかった。

 横浜と福岡、両チームの次戦の相手はともにガンバ大阪。横浜は8月6日(第6節)にアウェーで、福岡は7月17日(第21節)にホームで戦う。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】拍手で選手を後押し! 横浜サポーターを特集!
 
【関連記事】
「ベッカム→ファンニステルローイみたい」横浜オナイウのどんぴしゃヘッド弾に脚光!
「いい人すぎて、ほんと泣ける」宮市亮のマリノス移籍を大津祐樹が全力サポート。「パイセン神ですか?」
「福岡の誇り」冨安健洋の“凱旋”にアビスパサポーターが歓喜! 横断幕でのエールに本人も「感慨深い」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ