「いかなる差別も許されるものではない」コナミがグリエーズマンとのアンバサダー契約解除を発表

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月07日

バルセロナに対して「説明を求めていく」と表明

コナミデジタルエンタテイメントとのアンバサダー契約が解除されたグリエーズマン。(C)Getty Images

画像を見る

 7月7日、コナミデジタルエンタテインメントは、ラ・リーガのバルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンとの、『遊戯王』コンテンツのアンバサダー契約を解除したと発表した。

 同社は、公式サイトで「FCバルセロナに所属する選手の発言について」と題した声明を発表。先日、日本人に対する差別的、侮辱ともとれる発言と行動が問題になったグリエーズマンとの契約解除に至った経緯を次のように述べている。

「株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、スポーツの理念がそうであるように、いかなる差別も許されるものではないと考えています。遊戯王コンテンツでは、グリーズマン選手とのアンバサダー契約は解除することとしました。サッカーコンテンツでは、FCバルセロナに対してクラブパートナーの立場として本件の詳細な経緯と今後の対応の説明を求めていきます」
 
 問題となっている動画は、2019年にバルセロナがプレシーズンツアーで来日した際に撮影されたものとされる。ホテルの一室で、ゲームのセッティングを行なう日本人スタッフを待つ間、デンベレが隣にいるグリエーズマンに対して、「この醜い顔は、PES(日本名『ウイニングイレブン』)をプレーするためにいる。恥ずかしくないのだろうか」とコメント。このソフトは、ほかならぬコナミが手掛けているゲームソフトだ。

 さらには、部屋にいる日本人スタッフの顔をズームにして笑い声をたて、仕事ぶりに対しても「どんな言語なんだ、これは?」「君たちは技術的に進んでいるのか、いないのか。国としては発展しているはずだよな?」といった発言をしていた。

 両選手は5日、自身のSNSを通じて「差別の意図はなかった」「傷つける可能性があったことは認める」と釈明と謝罪を行なったが、三木谷会長は6日、自身のTwitterを更新し、「正式に抗議する」と表明していた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
グリエーズマン、「正式に抗議する」と表明した三木谷浩史氏に直接謝罪か。スペインのラジオ局が報道
「情けないのは親の教育」トルシエの元通訳が仏代表2選手の日本人差別疑惑に見解「それが面白いと信じている」
「たまたま日本だった」“動画流出”のデンベレ&グリエーズマンが謝罪と釈明「心からお詫びしたい」
「アジア人全体を差別」バルサFWの“日本人侮辱”への謝罪コメントに中国のファンが激怒!「なんて戯言だ」
「屈辱的だ」イタリアの主将キエッリーニの振る舞いをスペイン人記者が批判! 英紙は「心理戦を制した」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ