【J1ベストイレブン】MVPは数的不利を覆した横浜の快足アタッカー! 3位浮上の神戸から最多3選手を選出|21節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月06日

仙台GKヤクブ・スウォビィクは奇跡的なシュートストップを連発

【21節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは7月3、4日に第21節の6試合を各地で開催した。なお同節は、ACL出場チームの2試合がすでに行なわれ、残り2試合が今後に予定されている。ここでは、今週末に行なわれた6試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 今節の主役は、ふたり分の仕事をこなした横浜の前田大然だ。

 横浜は、柏戦で前半のうちにマルコス・ジュニオールが一発レッドで退場となり、10人での戦いを強いられた。そんななかでも、数的不利を感じさせない圧巻の走力で前線を駆け回った前田は76分、ティーラトンのロングパスに反応し、オナイウ阿道の先制弾をお膳立て。さらに80分、相手GKに猛然とプレスを仕掛けてボールを奪い、無人のゴールへ蹴り込んだ。1ゴール・1アシストでチームを勝利に導いた快足アタッカーを今節のMVPに選出した。

 同じく横浜からは、相手FWを封じ、効果的な持ち上がりも見せたチアゴ・マルチンスもチョイスしている。
 
 その横浜を追って3位に浮上した神戸から最多3選手をピックアップした。古橋亨梧は先制された直後に同点弾を決め、チームに勢いをもたらし、ドウグラスは前線で起点となり、山口蛍の決勝弾をアシスト、そしてセルジ・サンペールは17分に絶妙のロングスルーパスで古橋のゴールをアシストしたほか、長短のパスを操りゲームを支配した。

 引き分けに終わった広島と鳥栖からはそれぞれ得点をお膳立てしたアタッカーをチョイス。広島の柏好文は中に切り込み均衡を崩す、鳥栖の小屋松知哉はアディショナルタイムに相手に奪われそうなボールを収め相手守備陣を切り裂いた。

 そのほか、好調浦和の攻撃陣を奇跡的なシュートストップでシャットアウトした仙台のヤクブ・スウォビィク、読みを生かしたボール奪取で相手のチャンスを潰した札幌の宮澤裕樹、時には最終ラインまで下がり、戦術上のキーマンとして躍動した清水の右サイド片山瑛一と、その片山との連係で右サイドを制圧し、自ら決勝弾も決めた原輝綺を選出した。

【動画】2021年J1リーグ第21節、編集部厳選ベストイレブン!
 
【関連記事】
【2021・夏の移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、監督動向まとめ(8/10時点)
「ズラタンにも憧れの人が…」イブラヒモビッチの“全開スマイルが”話題沸騰!「宇宙で最高のストライカーが2人」
「いい人すぎて、ほんと泣ける」宮市亮のマリノス移籍を大津祐樹が全力サポート。「パイセン神ですか?」
「僕はイニエスタの偉大さをずっと…」アビスパ福岡スウェーデン人DFが母国メディアに語った日本での生活
「僕がいたほうが良い」本田圭佑が東京五輪落選に言及!久保建英については大谷翔平を引き合いに出し持論を展開

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ