「離れるのが嫌で沢山泣きました」田中碧、海外移籍決断の背景を明かす…サポーターへ“川崎愛”あふれる熱い思いも吐露!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月03日

「僕は川崎フロンターレで全てを学びました」

海外での初挑戦に至った経緯を長文で明かした田中。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 川崎フロンターレからドイツ2部デュッセルドルフへの期限付き移籍が発表された田中碧は、7月2日、自身のインスタグラムを更新。サポーターへのメッセージを投稿した。

 東京五輪のメンバーにも選出されている22歳は、川崎の下部組織出身。2018年に20歳でJ1デビューを果たすと、着実にチームの主軸として成長。19年にはベストヤングプレーヤー賞を受賞し、昨シーズンはリーグのベストイレブンにも選出された。

 今シーズンもこれまで20試合に出場し、チームに貢献してきた田中は、まずデュッセルドルフに期限付き移籍することを報告したのち、「シーズン途中のなか移籍してしまったこと、皆さんの前でご挨拶できなかったこと申し訳なく思ってます」(原文ママ)と綴っている。

 そして、「僕は川崎フロンターレで全てを学びました。このエンブレムをつけてから14年半沢山の経験をさせてもらい成長させてもらいました。家族、チームメイト、コーチ陣、サポーターなどたくさんの方々の支えがあってここまでこれました」と感謝を述べたうえで、「日本を代表するボランチの先輩方とプレーできたことが自分をとても成長させてもらいました。それと同時にそういう存在を超えなきゃいけないと思いました」としている。
 
 さらに自身の目標として、「W杯で活躍することがプロサッカー選手だと思ってます」と掲げ、そのために今回の決断に至った心情も明かした。

 その一方で、「このチームを離れるのが嫌で沢山泣きましたけどこの決断を肯定できるように結果を残し続けてきます」という古巣への熱い思いを吐露した田中は、「今まで大変お世話になりました。本当にありがとうございました。楽しかったです」と660文字超の長文メッセージを締めくくっている。

 この投稿に、先輩である中村憲剛さんは「『全て自分次第』の意味を理解しているアオの今後、楽しみにしてます」、川崎の小林悠は「アオ!頑張れ!」と激励を送り、一足先に海外でプレーしている守田英正は「やるぞ」とコメント。また、デュッセルドルフで同僚となる、日独ハーフのアペルカンプ真大も反応し、両手を挙げて祝福する絵文字を3つ残している。

 デュッセルドルフの発表によれば、来シーズンの撮影に参加した田中は、1日にはドイツを離れ、東京五輪参加のために帰国しているという。オリンピックを経て、海外でのプレーに臨むことになる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「愛を感じて涙出ちゃう」ドイツへ巣立つ田中碧へ、川崎公式が投稿した惜別動画にファン感動!
「大きな一歩を踏み出せた」田中碧が独2部デュッセルドルフへ買い取りOP付きで期限付き移籍!クラブSDは争奪戦を明かす
川崎が田中碧の独2部デュッセルドルフ期限付き移籍を発表!公式SNSには惜別ツイート続々「世界の碧となれ!」
【五輪サッカー】「世論がプレッシャーになる可能性も」。原博実が語る自国開催のメリットとデメリット
東京五輪でコロナ禍の特例措置! 登録メンバー22名に引き上げ、試合成立には選手7人、コーチ1人が必要。不成立時は0-3敗戦に

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ